プロ野球亭日乗BACK NUMBER

プレミア12、日本の4番・鈴木誠也。
爆発的な数字と驚異的な“対応力”。

posted2019/11/08 12:10

 
プレミア12、日本の4番・鈴木誠也。爆発的な数字と驚異的な“対応力”。<Number Web> photograph by KYODO

プレミア12オープニングラウンド台湾戦の3回、2ランを放ちチームメートとタッチを交わす鈴木。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 猛烈な逆風が吹き荒れていた。

 地元台湾代表との「プレミア12」オープニングラウンド最終戦。台湾の攻撃では6台のトランペットがテンポ良く奏でるメロディーに乗せ、応援リーダーの拡声器を使った声が球場に鳴り響く。

 スタンドでは女性はホットパンツにTシャツ、男性はユニフォーム姿のチアリーダーが踊りながらスタンドの応援を盛り上げ、球場が一体となってグラウンドの台湾代表に声援を送る。

 ピンチとなれば日本の攻撃時にもマウンドの投手に拡声器から声援が飛んで球場もそれに続く。

 こんな台湾スタイルの応援の洗礼を受けながら完全アウェーでの逆風の一戦だ。

完全にフェンスを越えた手応えだが……。

 そしてもう1つ吹き荒れたのは本当の逆風だった。

 レフトから本塁方向への強い風。こちらに悩まされたのは日本チームだけではなかった。

「完全にいかれたと思いましたけど、あれがフェンスを直撃して入らなかったので、まだついているなと思いました」

 侍ジャパンの先発・今永昇太投手(DeNA)がこう振り返ったのは、日本が2点を先制した直後、1回の台湾の4番・林泓育捕手の一撃だった。2死一塁。今永の初球ストレートを叩いた打球に林本人も完全にフェンスを越えた手応えを感じていた。

 しかしその打球が逆風に押し戻されてフェンス手前で急失速。林がゆっくりと一塁を回ったところでフェンスを直撃してシングル安打となり、一塁走者も三塁でストップした。入っていれば同点でスタンドのボルテージが一気に上がる場面だったが、結果的にはこの回を無失点で切り抜けたことが、試合の流れを大きく左右することになったわけだ。

【次ページ】 「日本の4番」の責任を果たした。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鈴木誠也
柳田悠岐

プロ野球の前後のコラム

ページトップ