Number on NumberBACK NUMBER

ジャイアンツvs.ホークス。
~親会社の変遷とパワーバランス~

posted2019/11/09 15:00

 
ジャイアンツvs.ホークス。~親会社の変遷とパワーバランス~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

日本シリーズにおいて、ソフトバンクは2011年の第7戦から今年の第2戦にかけて本拠地で14連勝中だ。

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 日本シリーズは2010年以来、最近10年間で対戦カードは毎年違っていた。10年間でソフトバンクは6回、出場しているが、対戦相手は中日、阪神、ヤクルト、DeNA、広島、巨人と、毎回違っていた。

 だが日本シリーズの歴史を1950年の第1回から振り返って見ると、2019年の巨人とソフトバンク、すなわちジャイアンツとホークスの対戦というのは、19年ぶり11度目のことだった。日本シリーズが始まってから最初の20年間、つまり'50年代と'60年代には合計8回、ジャイアンツとホークスが対戦していたのである。日本シリーズが育ってきた過程で、ジャイアンツ─ホークスは、最もなじみのある対戦カードだったわけだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1683文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

福岡ソフトバンクホークス
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ