プレミアリーグの時間BACK NUMBER

不調トッテナムに高まる監督解任説。
打開のヒントはラグビーのエディー!?

posted2019/11/02 11:40

 
不調トッテナムに高まる監督解任説。打開のヒントはラグビーのエディー!?<Number Web> photograph by Uniphoto Press

デル・アリを励ますポチェッティーノ監督。トッテナムを強豪に仕立て上げた指揮官はどのように不調を乗り越えるか。

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph by

Uniphoto Press

 近年のイングランドで「スーパー・マネージャー」と言えば、それはプレミアリーグ強豪の監督陣を意味していた。

 一昨季にトップ6を占めたビッグクラブの指揮官は、リーグ首位から順にペップ・グアルディオラ、ジョゼ・モウリーニョ、マウリシオ・ポチェッティーノ、ユルゲン・クロップ、アントニオ・コンテ、アーセン・ベンゲルという豪華な顔ぶれだ。

 昨季にしても、開幕を待たずにコンテとベンゲルが、それぞれチェルシーとアーセナルを去り、シーズン半ばにはモウリーニョがマンチェスター・ユナイテッドを追われたものの、グアルディオラがマンチェスター・シティで国内三冠の偉業を達成。クロップ率いるリバプールとポチェッティーノ率いるトッテナムが、CL決勝という欧州頂上対決を演じたばかりだ。

ラグビーW杯でエディーに絶賛の嵐。

 しかし、今の国内で人々が真っ先に連想する「スーパー・マネージャー」は、ラグビー代表をW杯決勝に導いたエディー・ジョーンズに違いない。

 就任4年目のジョーンズは、準決勝進出を果たした時点で日曜版高級紙の『サンデー・タイムズ』などでも、名将と評されていた。1年ほど前、いわゆる蜜月はとうに過ぎ、テストマッチ6連敗で解任を求める声が高まっていたことなど嘘のようである。

 当時メディアでハッタリと受け取られた「批判は大いに結構。ここをしのげば王者としての姿が見えてくる」という発言は、自信に裏付けされた前向きな発言だったと理解されている。

 W杯での快進撃により雇い主の評価も一変。解任を検討していたラグビー・フットボール協会が、4年後のフランス大会までの続投を希望していると伝えられている。

 一方、丸いボールを扱う国内フットボールでは、就任6年目のポチェッティーノに解任の噂が高まっている。

【次ページ】 11位と低調、サイクル終焉との声。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マウリシオ・ポチェッティーノ
エディー・ジョーンズ
トッテナム
デル・アリ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ