月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

デイリーが鳥谷裏面でもノーサイド!
札幌に豊洲のブーメランが飛んだ10月。

posted2019/10/31 20:00

 
デイリーが鳥谷裏面でもノーサイド!札幌に豊洲のブーメランが飛んだ10月。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

あのデイリーや東スポも一面で報じたラグビーW杯。各紙、趣向を凝らした見出しで偉業を伝えていた。

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 10月のスポーツ新聞はにぎやかだった。まずはラグビーW杯。

 サモア戦を伝えた10月6日、各紙きれいに『日本8強王手』と並んだ。ここで注目なのは「奇跡」という言葉はもうどこも使っていなかったことだ。

 そして運命のスコットランド戦。

『攻めた耐えた勝った 日本8強』(日刊スポーツ10月14日)

 ニッカンは『祝ラグビー8P大展開』。なんとラグビー紙面が8ページ。ほかのスポーツ紙もお祭り展開。

 こうなるとちょっとクセのある媒体はどういう様子か気になる。まず何があっても阪神推しのデイリースポーツ。

 スコットランド戦があった日はCSファイナルステージで巨人と激突。この日敗れたら日本シリーズ出場の道が絶たれるという大一番。

 結果は阪神敗戦だったが、私は気になってツイッターで「ところで明日のデイリー1面はどっちなんだろう」とまさにつぶやいた。

 すると熱心な阪神ファンの方々なのだろう。「“さようなら鳥谷”とブレないと思います」「“鳥谷ありがとう”ですかね」「“鳥飛び立つ”かな」等のリプライをいただいた。そうか鳥谷の大展開があったか。

一面はラグビーか、鳥谷か。

 ラグビーか、阪神か。なんだか急にドキドキして朝を待つと……

『ジャパン8強』(デイリースポーツ・10月14日)

 あ、ラグビーだ! デイリーもラグビーだ!

 そして裏一面を見ると、

『さらば不死鳥 鳥谷終戦』

 ああ、見事。もうみんな正解でいいじゃないか。一面予想もノーサイドという気分。

 実はデイリーはラグビーも読ませる紙面づくりで、初戦のロシア戦を報じた見出しは『松島や あぁ松島や 松島や』。

 ちなみに端にはさりげなく「走ったコータロー!!」とも書いてあり、オヤジ読者はその元ネタがすぐにわかるつくりになっていた。すばらしい。

 日本は準々決勝の南アフリカ戦に敗れたが『これからますます強くなる 日本に拍手!!』(スポーツ報知・10月21日)というようにポジティブで明るいものが多かった。

【次ページ】 ラグビーW杯一色、東スポは?

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松島幸太朗
鳥谷敬
森喜朗
小池百合子
ラグビーワールドカップ
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

ラグビーの前後のコラム

ページトップ