ラグビーPRESSBACK NUMBER

今季のトップリーグは一味違う!
ラグビーの魅力が詰まった開幕戦。

posted2018/09/06 17:00

 
今季のトップリーグは一味違う!ラグビーの魅力が詰まった開幕戦。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

トップリーグ開幕戦で両チームが見せた激闘。W杯前のシーズンらしい最高の船出となった。

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Nobuhiko Otomo

 トップリーグの最多動員記録を更新した大観衆は、贔屓の勝敗はともかく、ラグビーの面白さを堪能して帰路についたに違いない。

 ラグビートップリーグ開幕節最大の注目カードだった。3連覇を目指すサントリーサンゴリアスと、昨季そのサントリーに31-32と肉薄したトヨタ自動車ヴェルブリッツの対決。9月1日、豊田スタジアムに駆けつけた観客は3万1332人。昨季の同じ豊田スタジアムの開幕戦、トヨタ自動車vs.ヤマハ発動機で記録した2万7871人を更新した。トップリーグ16年の歴史で最多の観衆に相応しい好試合だった。

 サントリーは王者らしく、さらなる高みを目指した。

 真夏の開幕。ただでさえ汗で滑るボールは、第1試合から降り続いた雨と濡れた芝で、より滑りやすくなっていた。ハンドリングミスのリスクを考えればボールタッチを増やさず、キックで陣地を進めながら戦うのがセオリー。

 だがサントリーは、臆することなく地上戦でボールを動かした。そこに迷いなく襲いかかるトヨタの激しいディフェンス。前半、サントリーはアタックを継続しようとしてはタックルを浴び、何度もボールを落とした。

 それでも22分、ルーキーCTB梶村祐介の突進を起点に、やはりルーキーのPR堀越康介が3人のタックルを押しのけながらゴールポストの根元にねじ込み先制トライ。

アタックを貫く攻撃精神を。

 だが、そこからトヨタは一気に試合をひっくり返す。

 25分、WTBヘンリー ジェイミーがトライ。5-7と追い上げた直後のスクラムから、南アフリカ代表FBジオ・アプロンが雷鳴のごときランでサントリー防御を切り裂き、ルーキーCTB岡田優輝が逆転トライ。前半はトヨタが12-10とリードを奪った。

「ハーフタイムには選手に、『ラグビーではボールを前に落とすとノックオンという反則なんだよ』と言いました」

 サントリーの沢木敬介監督は試合後、冗談めかして言ったが、ディフェンスのプレッシャーが厳しくてもアタックを貫く攻撃精神こそサントリーというチームが脈々と築いてきたDNAだ。たとえミスが重なってもチャレンジをやめない。

【次ページ】 最後の20分、我慢し続ければ。

1 2 3 4 NEXT
サントリーサンゴリアス
トヨタ自動車ヴェルブリッツ
沢木敬介
田村煕
流大
姫野和樹

ラグビーの前後のコラム

ページトップ