マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

阪神のドラフトに何が起きたのか。
甲子園のスターだらけ、もしや……。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/10/24 11:30

阪神のドラフトに何が起きたのか。甲子園のスターだらけ、もしや……。<Number Web> photograph by Kyodo News

西純矢を繰り上げ1位で指名できたのは阪神にとって幸運だった。しかし、その後の指名には運ではなく意志を感じた。

ドラフトは5年後、10年後のプロ野球だ。

 5年後、立派な「タイガース戦士」に成長した彼らを率いてチームの指揮を執るのが「自分」であることがわかっているのでは。

 だからこその、楽しみでしょうがないみたいな満面の笑顔。

 5年、もしかしたら10年、長いスパンでタイガース黄金時代の構築を託されているのでは……。

 そんな妄想が広がった。

 今年の「タイガース・ドラフト」、その結果を最も大きな喝采で迎えたのは、誰よりも、「タイガースファン」のひとりひとりだったのではないか。

 ドラフト指名から透けて見える球団事情。

 いや、もしかしたら、透けて見えた気がしただけなのかもしれないが、「ドラフト」とは間違いなく、5年後、10年後の「プロ野球」なのだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

阪神タイガース
奥川恭伸
西純矢
井上広大
及川雅貴
遠藤成
藤田健斗

プロ野球の前後のコラム

ページトップ