マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

阪神のドラフトに何が起きたのか。
甲子園のスターだらけ、もしや……。

posted2019/10/24 11:30

 
阪神のドラフトに何が起きたのか。甲子園のスターだらけ、もしや……。<Number Web> photograph by Kyodo News

西純矢を繰り上げ1位で指名できたのは阪神にとって幸運だった。しかし、その後の指名には運ではなく意志を感じた。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 祭りが終わった。

 ドラフト会議が終わって数日。そんな虚脱感の中で過ごしている。

 ドラフトを境にして仕事の量がガサッと減ったり、生活がガラッと変わったりするわけではないのだが、「ドラフトはどうなるのだろう……」ってことを、指名する側、される側、双方からあれこれ思案する必要がなくなったことが、朝一番の心持ちを空虚なものにさせるのだ。

 そこで、今年も「ドラフト答え合わせ」。

 決まってしまった結果を眺めてみて、これからのこのチームは、プロ野球は……そんな空想を思い巡らせてみたり、ドラフトの当日談に後日談。人間模様も聞こえてくるのかもしれない。

 この考察は、単なる「ドラフト採点」などではない。

 最初の答え合わせは、2019ドラフトの結果から拾ってみた。

 阪神タイガースが胸のすくような「指名」をやってのけた。

甲子園のスターで5位までゴリ押し。

 1位指名・奥川恭伸(投手・星稜→抽選外れ)から5位指名・藤田健斗(捕手・中京学院中京)までの5選手を、「甲子園のスター」で押しに押して押しまくった。

 いつ、こういう痛快なドラフトをしてくれるのか……実は、もうずーっと前から待っていた。

 いつ、こういう漫画みたいな「夢満載」の指名をしてくれるのか。だって、ドラフトで甲子園のスターたちの名前を連ねて“絵”になるのは、タイガースだけなのだから。

 例年、ちょっと意味不明気味の、行き当たりばったりとは言わないが、なんとも説明、解説の難しい指名ぶりにお付き合いしてきただけに、余計に「阪神のドラフトが豹変した」といういい意味での驚きを禁じ得なかった。

【次ページ】 これまでならバランスをとったはず。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

阪神タイガース
奥川恭伸
西純矢
井上広大
及川雅貴
遠藤成
藤田健斗

プロ野球の前後のコラム

ページトップ