One story of the fieldBACK NUMBER

窓越しの少年はいつもうつむいて。
大船渡が佐々木朗希に見た夢。(下)

posted2019/10/18 20:05

 
窓越しの少年はいつもうつむいて。大船渡が佐々木朗希に見た夢。(下)<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

4球団から1位指名され、抽選の結果、ロッテが交渉権を獲得。チームメイトらから祝福される佐々木。

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Shigeki Yamamoto

 10月17日、プロ野球ドラフト会議。佐々木朗希は学生服姿で壇上にいた。

 大船渡市三陸公民館ホール。舞台の下からはカメラの放列が向けられている。

 午後5時28分。4球団競合の末に、千葉ロッテマリーンズの監督・井口資仁が交渉権を引き当てるのを見とどけると、少しだけ表情を緩めた。一斉に光ったフラッシュが彼を照らした。

「しっかり目標を立てて、ひとつずつクリアして、しっかり成長して、日本一の投手になれたらと思います」

 これから飛び込むプロの世界での希望を語り、野球部のチームメートたちの手で胴上げされる。

 一見すると、これまで何年も、各地で繰り広げられてきたドラフト1位投手の幸せな門出だが、どこかが違う。

佐々木を取り巻く異様な空気。

 会見が行われた公民館は大船渡高校からおよそ15kmも離れた三陸町にあり、山をひとつ、三陸道のインターを2つ越えなければならない。ホールから一歩外に出れば、そこにはリアス沿いを走る45号線と海があるだけで、ほとんど人通りがない。町の人も学校の生徒もいない。

 野球部員と一部の父兄がマイクロバスでやってきただけである。会場にはメディアの多さだけが目立っていた。

 冒頭には校長があいさつして、「本校、全生徒が普段通りの高校生活を平穏無事に送れますよう、心からお願い申しあげます」と訴えた。

 そこだけこの町から切り離されたようだった。

 こうした、佐々木を取り巻く異様な空気は、いつもうつむいて歩いていた少年が成長すればするほど、彼のまわりで醸成されてきたものなのかもしれない。そして、甲子園をめざした今夏、誰もがそれをはっきりと実感した。

【次ページ】 携帯電話にメッセージが。

1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

佐々木朗希
大船渡高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ