ラグビーPRESSBACK NUMBER

松島幸太朗はトライ王でも控え目。
南アの厳重警戒を再び破るために。

posted2019/10/15 17:00

 
松島幸太朗はトライ王でも控え目。南アの厳重警戒を再び破るために。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

スコットランドを切り裂いたステップと俊足を南アフリカ戦でも――松島幸太朗にかかる期待は大きい。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 この男がトライしなければ、日本の勝利は見えてこない。

 9月20日のロシア戦でハットトリックを達成し、チームに勢いを生み出した。続くアイルランド戦ではノートライに終わるものの、ボールキャリーの距離はチーム3位を記録した。背番号14を着けたウイングの推進力は、グループ最大の敵を下すことにつながった。

 サモアとの第3戦では、80+4分にインゴールへ飛び込んだ。ボーナスポイントの獲得につながる貴重なトライだった。

 10月13日にスコットランドと対戦した日本で、松島幸太朗は厳重な警戒に遭った。包囲網は確実に狭まっていたはずだが、17分に今大会自身5本目のトライを奪う。

 流大の配球からラファエレティモシー、福岡堅樹とボールをつないだ左サイドからの崩しに、右ウイングの松島が関わっていく。タッチライン際を突き包む福岡を内側からサポートし、フリーで抜け出したのだった。

「スコットランド戦ではインサイドサポートが大事で、チャンスがあるというのは(アタックコーチの)ブラウニーからも1週間を通して言われていた。それを実際に実行できました」

見逃せない松島のラインブレイク。

 開始6分に先制トライを許していた日本は、田村優のゴールも決まって7対7の同点に追いつく。

「まずは同点にしようということもありましたし、得点したい気持ちが強かったので、そこで自分たちの形でしっかり取れて良かったと思います」と松島は話したが、準備していたものをスコアへ結びつけた手応えは、チームに落ち着きを呼び込んだ。スコットランドにチャンスを与えず、日本は攻守両面で優位に立っていくのだ。

 25分には6万7000人強の観衆が沸き立つ。フォワードとバックスが一体となったアタックで、松島のラインブレイクは見逃せない。6度目のフェーズとなった力強い突破が相手ディフェンスにダメージを与え、さらに攻撃を継続した日本は12フェーズ目でトライを記録したのだった。

【次ページ】 「日本中の皆さんに元気を与える」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松島幸太朗
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ