ラグビーPRESSBACK NUMBER

稲垣啓太、ドラマを超えた初トライ。
仲間が繋いだ3連続オフロードパス。 

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2019/10/14 13:00

稲垣啓太、ドラマを超えた初トライ。仲間が繋いだ3連続オフロードパス。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

勝利、8強進出を手繰り寄せるトライを奪った(左から)福岡堅樹、松島幸太朗、そして稲垣啓太。死闘のスコットランド戦でも「ONE TEAM」を体現した。

「4年間通して取り組んだスキル」

 稲垣は後半16分までプレーし、28-21の歴史的な開幕4連勝に貢献した。日本の世界ランキングは8位から過去最高の7位になり、ジェイミー・ジャパンは目標だった8強進出を遂げた。

「オフロードパスは4年間通して取り組んできたスキル。最終的に僕にボールが回ってきました。初めてトライをとった場所がこの試合だったということに、巡り合わせを感じました。チームに感謝したいですね」

 日本開催のワールドカップ、8強進出を決めた大一番で人生初の代表戦トライ。ドラマの脚本であればリアリティーのない、非現実的なシナリオが現実に起きた。いつも支えてばかりだった男が、歓喜の輪の中心にいた。

関連記事

BACK 1 2 3
福岡堅樹
松島幸太朗
稲垣啓太
リーチ マイケル
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ