プロ野球亭日乗BACK NUMBER

驚異的な代打成功率とリリーフ陣。
阪神がDeNA撃破で下剋上への第一歩。

posted2019/10/08 12:00

 
驚異的な代打成功率とリリーフ陣。阪神がDeNA撃破で下剋上への第一歩。<Number Web> photograph by Kyodo News

9回に代打乙坂を投手ゴロに仕留めガッツポーズする藤川(左)と梅野の阪神バッテリー。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージは3位の阪神が2位のDeNAを2勝1敗で撃破して、“下克上”への第一歩を踏み出した。

 DeNAにとってみれば、第1戦で7対1から6点差をひっくり返されたアレックス・ラミレス監督の継投ミスがすべてのシリーズだったが、逆にいえば阪神の粘り強さがあの逆転劇を生んだともいえる。

「ウチは現状では強いチームにはなれていないと思う。でも、だからこそチーム全員で闘うとか、気持ちの部分でカバーできるところというのが、ウチの強みだと思う」

 突破を決めた阪神・矢野燿大監督がこうまくし立てたようにベンチ総出の全員野球が、その終盤の逆転劇を生んでいる。

大逆転の口火を切った、代打・高山。

 敗れたとはいえ第2戦も土壇場の9回2死から福留孝介外野手の起死回生の同点弾が飛び出した。第3戦も7回に北條史也内野手の失策で追いつかれた直後の8回に死球から代走・植田海内野手の盗塁、暴投の1死三塁から梅野隆太郎捕手の決勝犠飛で試合を決めた。

 シーズン終盤に6連勝で広島を蹴落としてポストシーズン切符を手にした勢いのままに、ファーストステージの3試合は終盤の勝負所を制しての突破だったわけである。

 こうした終盤の粘りを生み出した全員野球の背景には2つのポイントがあった。
1つはこのシリーズでの矢野監督の驚異的な代打成功率だ。

 初戦の大逆転の口火を切ったのは7回1死から送った代打・高山俊外野手の二塁打で、それを繋げたのも代打の木浪聖也内野手のタイムリーと、シリーズでの代打成績は10打数5安打2四球。出塁できなかったのはわずか4回だけと、矢野監督の代打策がことごとく的中して、それが試合の流れを大きく阪神に引き寄せる結果につながっている。

【次ページ】 藤川球児を軸に踏ん張った。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

阪神タイガース
矢野燿大
福留孝介
北條史也
植田海
梅野隆太郎
高山俊
木浪聖也
ピアース・ジョンソン
藤川球児
西勇輝
守屋功輝
ラファエル・ドリス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ