マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

2019年ドラフトを1人で全予想・下。
巨人・西武のリーグ覇者の1位は? 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2019/10/03 18:00

2019年ドラフトを1人で全予想・下。巨人・西武のリーグ覇者の1位は?<Number Web> photograph by Asami Enomoto

規格外さで言えば、佐々木朗希の右に出る選手はいない。彼のキャリアが今から楽しみである。

ソフトバンクの1位は佐々木朗希か。

〔福岡ソフトバンクホークス 2019年ひとりドラフト指名選手〕
1位 投手 佐々木朗希(大船渡高) 190cm86kg 右右
2位 投手 落合秀市(和歌山東高) 185cm90kg 右右
3位 遊撃 川野涼多(九州学院高) 178cm70kg 右両
4位 投手 渡辺拓海(酒田南高) 191cm100kg 右右
5位 外野 加藤雅樹(早稲田大) 185cm85kg 右左

〔総評〕
 佐々木朗希のような「見たこともないような“超”のつく逸材」なら、ウチだろう。

 そんなつぶやきが聞こえてくるようだ。

 それほど前例のない大物だからこそ、12球団こぞってスゴい、スゴいと持ち上げていた割に、シミュレートしてみたら重複覚悟の1位指名はたったの3球団になった。他球団が今ひとつ腰が引けているスキに、パクッと持っていった。

 育とうと願っている者が育つ環境としては、最高だろう。

 他にも落合、渡辺……ホークスに似合いの大型投手が2枚。

 どちらも巨漢。長身でも、見るからに「投手」らしいスリムなシュッとしたタイプじゃないが、とにかく、投げさせてみたらよい。驚くはずだ。

 落合には、少なくとも5種類の変化球を操れるピッチングセンスが、渡辺には、スムースな体重移動から100キロの重量をすべてボールに乗せられる股関節の可動域がある。

 働いている野手のレギュラーはほぼ全員が「30歳代」。20代で“城を”築いているのは、捕手・甲斐拓也(今季27歳)、遊撃手・今宮健太(28歳)だけ。強い、強いといわれながら、「かげり」ははっきりと見えている。

 ただ困ったことに、30代の大看板たちと20代前半の若手との力量の開きが大きく、その間を埋めてくれるぐらいの年齢と力量の野手がアマチュアに見当たらないのだ。

 そこで、高校生でも川野を獲っておこう。

 間違いなく、川崎宗則クラスの素質は持っている。野球的精神年齢の高さも、このチームにはうってつけだ。

 5位加藤……本当なら上位でプロ入りしてほしかったが、気にかけてくれた偉大な大先輩・王貞治会長へ大きな恩返しをするための激闘が、これから始まる。

【次ページ】 奥川恭伸はまさに次期・菅野智之。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

奥川恭伸
宮城大弥
海野隆司
佐々木朗希
森下暢仁

プロ野球の前後のコラム

ページトップ