マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

2019年ドラフトを1人で全予想・下。
巨人・西武のリーグ覇者の1位は? 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2019/10/03 18:00

2019年ドラフトを1人で全予想・下。巨人・西武のリーグ覇者の1位は?<Number Web> photograph by Asami Enomoto

規格外さで言えば、佐々木朗希の右に出る選手はいない。彼のキャリアが今から楽しみである。

ここからプロ志望の表明も増えていく。

〔ひとりドラフト後記〕

 今年も無事「ひとりドラフト」を終えることができました。延々とお付き合いくださった方々には、感謝に堪えません。ありがとうございました。

 各球団の「総評」を書きながら、毎年思うのだが、どうしてこんなに、いかにも“用意”したようなストーリーが語れるのか……という「不思議」である。

 もちろん、ストーリーが語れるように指名しているわけじゃない。指名順に従い、順々に各球団のニーズに沿って指名していくのだが、終わった時に、あらためて眺めてみると、実にうまいこと「ものがたり」のような結果になるのはどうしてだろう。

「ひとりドラフト」を実施して以降、桐蔭学園高・森敬斗(内野手)、近江高・林優樹(投手)が「プロ志望届」を出した。

 森は進学、林は就職と聞いていたので、共に上位候補だったが、今回の「ひとりドラフト」では指名されていない。

 この時期、ドラフトをめぐる状況は刻々変わる。指名されるはずだったのに、ドラフト前日、選手のほうから断わりを入れる例も実際にある。

 17日に迫ったドラフト会議に向けて、スカウトたちにとっても、ファンの皆さんにとっても、気の抜けない日々が続く。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
奥川恭伸
宮城大弥
海野隆司
佐々木朗希
森下暢仁

プロ野球の前後の記事

ページトップ