マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

2019年ドラフトを1人で全予想・下。
巨人・西武のリーグ覇者の1位は?

posted2019/10/03 18:00

 
2019年ドラフトを1人で全予想・下。巨人・西武のリーグ覇者の1位は?<Number Web> photograph by Asami Enomoto

規格外さで言えば、佐々木朗希の右に出る選手はいない。彼のキャリアが今から楽しみである。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

「2019ひとりドラフト」の最終回は、指名順9番目から12番目までの4球団です。

 順に、横浜DeNAベイスターズ、福岡ソフトバンクホークス、読売ジャイアンツ、埼玉西武ライオンズ。

 今シーズン、上位2球団ずつ、4球団のドラフト指名です。順風満帆なのか、それとも意外とそうでもないのか…。

 さあ、どういう展開になりますでしょうか。

〔横浜DeNAベイスターズ 2019年ひとりドラフト指名選手〕
外れ 投手 奥川恭伸(星稜高) 183cm84kg 右右
外れ 投手 宮城大弥(沖縄興南高) 172cm78kg 左左
1位 捕手 海野隆司(東海大) 173cm80kg 右右
2位 投手 及川雅貴(横浜高) 183cm75kg 左左
3位 外野 井上広大(履正社高) 187cm95kg 右右  
4位 外野 蝦名達夫(青森大) 184cm87kg 右右
5位 投手 井上広輝(日大三高) 181cm81kg 右右
6位 捕手 柘植世那(ホンダ鈴鹿) 175cm77kg 右右 22歳
7位 外野 金子莉久(白鴎大) 165cm70kg 右左

〔総評〕
 勝率はギリギリ5割クリアの「0.507」でも、全く気の抜けない激戦のセ・リーグを大きな波もなく戦い抜いたのは、すばらしい大健闘だった。

 投打のバランスのとれた良いチームだと思う。

 リーグ打撃ベスト10に、宮崎敏郎、神里和毅、筒香嘉智、ネフタリ・ソト、ホセ・ロペス、大和…野手6選手がその名を連ねているということは、レギュラーが固定されていたということだ。エース・今永昇太はリーグNo.1左腕にのし上がった。

 チーム盗塁数が12球団最低の40。これで走れれば優勝だったのか……とも思ってしまうが、そう単純なものでもないだろう。

 今年の狙いは、さらに将来の投手陣を充実したものに……。奥川とは縁がなかったが、自慢の左腕を磐石なものにと、繰り上げ1位で指名した宮城まで逸してしまった。

 とはいえ地元の眠れる逸材・及川がその「重責」を担うことになって、1位ではディフェンス能力No.1の海野を確保できたのだから、不幸中の幸いといってよい。

 6位でも、海野と同期の柘植で「ダブル・マスク」。ずっと捕手が固定できずにきたからこそ、捕手固定の難しさは知っている。大学、社会人のディフェンスNo.1が2人がかりでホームベースを守る。

 イースタンで打率2位の関根大気すら一軍に上がれないほど充実している左打者陣に比べ、今もこの先も、右が少々心細い。

 井上広大、蝦名の大砲候補を立て続けに獲得。井上には鉄砲肩、蝦名には快足……雄大な長打力の他にも、ポイントがちゃんと付加されている。

 走れれば……という引っかかりもあったので、指名の最後は、日本一速い! と評する人もいる金子で締めくくった。  

 この韋駄天、決して走るだけじゃない。わざと叩きつけて高いバウンドにして内野安打狙いもできれば、小さいからとナメてると、パッカーンとセンターの頭を越したりするから、ドラフト上位組と同じぐらい先の楽しみな“クセ者”だ。

【次ページ】 ソフトバンクの1位は佐々木朗希か。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

奥川恭伸
宮城大弥
海野隆司
佐々木朗希
森下暢仁

プロ野球の前後のコラム

ページトップ