マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

2019年ドラフトを1人で全予想・下。
巨人・西武のリーグ覇者の1位は? 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2019/10/03 18:00

2019年ドラフトを1人で全予想・下。巨人・西武のリーグ覇者の1位は?<Number Web> photograph by Asami Enomoto

規格外さで言えば、佐々木朗希の右に出る選手はいない。彼のキャリアが今から楽しみである。

西武は打って走る路線を継続してほしい。

〔埼玉西武ライオンズ 2019年ひとりドラフト指名選手〕
外れ 投手 森下暢仁(明治大) 180cm75kg 右右
1位 投手 太田龍(JR東日本) 190cm93kg 右右
2位 外野 宇草孔基(法政大) 185cm83kg 右左
3位 投手 浜屋将太(三菱日立) 175cm77kg 左左
4位 投手 宮川哲(東芝) 177cm82kg 右右
5位 捕手 藤田健斗(中京学院中京高) 173cm75kg  右右
6位 外野 宮田輝星(福岡大) 177cm68kg 右両
7位 投手 栗田和斗(知徳高) 187cm90kg 右右
8位 外野 塩崎栄多(浜松工業高) 182cm78kg 右左

〔総評〕
 チーム防御率4.35……パ・リーグでは抜けてワースト、12球団でも11番目の投手陣なのに、チーム防御率パ・リーグNo.1のソフトバンクを抑えて優勝してしまう。西武はとんでもない底力を持った球団だ。

 いやあ、打った、飛ばした174本塁打(リーグ2位)。

 いやあ、走った、走った134盗塁(12球団トップ)。

 ホームラン打ちまくり、走りまくって勝つのだから、ファンにとっては、こんなにエキサイティングな球団もないだろう。そういうカラーは、いつまでも引き継いでいってほしいものだ。

 キャプテン・秋山翔吾がアメリカへ行ってしまいそうだ。

 八戸大の学生時代から親しくしてもらったから寂しいかぎりだが、泣いてばかりもいられない。後釜を探そう。

 走れて守れて、バッティングも…フィジカルの素質なら宇草(法政大)がいる。 秋山らしさの大きな要素になるリーダーシップと野球の虫……その点は未知数だが、“三拍子”に関してはヒケを取らない。

 そうはいっても、やはり手遅れになる前に「投」をなんとかしないと。

 外した「森下」については触れない。それが西武のチームカラーだからだ。

 太田、浜屋、宮川……即一軍で何勝というよりは、今が伸び盛りの社会人投手を3人。

 社会人でも、プロで働くには“伸びしろ”が必要だ。期待は2年目、早くても来年後半。それまでは、今年出足でつまずいた松本航、1年間つまずいてしまった多和田真三郎、来季は中継ぎの一員として期待できる平良海馬……候補者は何人もいる。

「韋駄天カラー」を踏襲するのが、宮田と塩崎だ。  

 宮田の塁間のバカっ速さに、塩崎のロングの加速。但し、走れる選手の絶対条件は「レギュラー」。いつも試合に出て、いつも走っていないと快足の威力発揮とはいえない。

 イバラの道を踏み越えていく“足”も必要なのだ。

【次ページ】 ここからプロ志望の表明も増えていく。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

奥川恭伸
宮城大弥
海野隆司
佐々木朗希
森下暢仁

プロ野球の前後のコラム

ページトップ