欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

長友佑都は日本とトルコの代表選手!?
欧州CLでレアル、PSG戦への決意。

posted2019/09/23 11:50

 
長友佑都は日本とトルコの代表選手!?欧州CLでレアル、PSG戦への決意。<Number Web> photograph by AFLO

まだ20歳というセネガル代表MFのクレピン・ディアタを抑え込む長友佑都。

text by

本田千尋

本田千尋Chihiro Honda

PROFILE

photograph by

AFLO

 33歳になった。フットボールの世界ではベテランと呼ばれる領域に、気付けば足を踏み入れている。だが、いくら歳を重ねても、心は衰えそうにない。

「強い相手が来れば来るほど、やっぱり燃えますよね」

 来たる巨敵との対戦を、長友佑都は、誰よりも待ちわびているようだった。

 9月18日、木々が色付く閑静な運河の街、ベルギーはブルージュ――。

 チャンピオンズリーグのグループA第1節。ガラタサライは、敵地でクラブ・ブルッヘと戦った。古びたヤン・ブレイデル・スタディオンの一角で、トルコ人たちが野太い声を轟かせる。時にスタジアム全体に響くほどの気焔に後を押され、トルコ王者は一進一退の攻防を繰り広げた。

 長友は左SBのポジションで先発出場。夕暮れの試合の中で、対面するクレピン・ディアタが何度も仕掛けてくる。

「彼、かなりスピードもあって、20歳くらいですかね。若いセネガル代表で、すごく期待されている選手。分析をしっかりしていたので、今日も全体的にほとんどやらせていないしね。いい対応をできたかなと思います」

 若いヤツにはまだまだやらせない。やらせるわけにはいかない。

 長友は、ベテランらしい落ち着いた守備と、味方との連携で、左サイドの攻防を制した。

 そして守りに徹するだけでなく、機を見ては鋭いオーバーラップで攻撃参加。82分には強烈なミドルシュートでブルッヘのゴールを脅かした。豊富な経験値と持ち前の運動量を武器に、日本代表の左SBは、CLのピッチの上で存在感を放った。

「僕のミドルも決まっていればゴラッソだった」

 丁々発止の攻防の末、ガラタサライはアウェイでの初戦を0-0のドローに終える。試合後、長友は次のように振り返った。

「最低限の結果かな、と思いますね。ビッグチャンスも何回かあったので、正直勝ちたかったです。僕のミドルも決まっていればゴラッソだったので、悔しいですね。ミドルシュートの練習もやったりしていたので、いい感じでミートしてくれたかなあと思ったんですけどね……まあまあ、結果的には外れましたね」

 歴戦のサイドバックは、少し悔しそうに笑みをこぼした。

【次ページ】 CLに16試合も出場している長友。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

長友佑都
ガラタサライ
クレピン・ディアタ
クラブ・ブルッヘ
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ