JリーグPRESSBACK NUMBER

鹿島がアウェイゴール差でACL敗退。
土居聖真が悔いた「ただのいい試合」。 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/09/19 11:50

鹿島がアウェイゴール差でACL敗退。土居聖真が悔いた「ただのいい試合」。<Number Web> photograph by Getty Images

アウェイゴールの差で広州恒大に敗れた鹿島アントラーズ。この経験は彼らをまたひとつ強くすることだろう。

町田「責任を感じています」

 広州を準決勝進出に導くゴールを決めたアンデルソン・タリスカのマークについていた町田は、落胆というよりも怒りをにじませた表情で試合を振り返った。

「アウェイゴールを奪われたところは、自分がマークを外してしまったから。それに尽きるし、責任を感じています。いいタイミングで相手に入らせないよう工夫が必要だった。結局、次のラウンドへ進めない。今、何をいっても後の祭りでしかない。

 タイトルをひとつ失った重みというのを、僕はすごく感じています。ああいう1本で、次へ進めなくなる。それを再確認した。ただ、幸運にもまだ3つタイトルを獲れるチャンスがあるので。すぐには切り変えられないですけど、次の試合へ向けて準備をしていきたい」

 慢心があったとは思わない。あったとすれば、見えない疲労だろう。首位攻防戦に、ルヴァンカップ。負けられない試合が続いていた。浦和とのカップ戦も、ギリギリでの突破だった。それでも負けなかった。良い流れが生まれていたからこそ、メンバーを代えづらい状況が続いていたのも事実だ。

内田「こういう苦しい時こそ」

 9月25日には横浜との天皇杯も控えている。ここで負ければ、またひとつタイトルを失う。でもだからこそ、フレッシュな陣容で挑む勇気が必要かもしれない。

「グラウンドの選手は本当に闘っていた。『4冠』と言っていたけれど、ここでひとつの道が終わってしまった。それで、ここまでいいリズムで来ていたものを手放してしまうのか、それは違うと思う。

 こういう苦しい時こそ、やっぱり俺とか、今日はベンチに入っていないけれど、ヤス(遠藤康)とか、そういう選手が道筋を示さないといけない。それが俺らの役割だと思う」

 そう語った内田は、ここ1カ月すべての試合でベンチ入りを果たしている。新加入の小泉からポジションを奪うという新たなモチベーションを秘め、闘う準備はできている。ベテランとして、チームで培った勝ちきる極意と、そこに対する覚悟を示すことで、若い選手に鹿島アントラーズの本質を繋げられるに違いない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
鹿島アントラーズ
土居聖真

Jリーグの前後の記事

ページトップ