欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

堂安律、PSVデビュー戦の手応えは?
オランダ代表揃いで「感覚が合う!」。

posted2019/09/19 12:10

 
堂安律、PSVデビュー戦の手応えは?オランダ代表揃いで「感覚が合う!」。<Number Web> photograph by Getty Images

後半34分。元ポルトガル代表選手FWのブルマと交代する堂安律。右MFとしてプレーした。

text by

本田千尋

本田千尋Chihiro Honda

PROFILE

photograph by

Getty Images

“歴史”を作る。堂安律は、決意を滲ませた。

「どうしてもPSVでは、パク・チソン選手のイメージが強い。韓国のイメージが強いので、僕がここで何か新しい変化を加えたいと思います」

 9月14日、秋の陽光が眩しいアイントホーフェン――。

 日が落ちて忍び込んできた冷気を、フィリップス・スタディオンは、いともたやすく吹き飛ばした。

 エールディビジ第6節。

 PSVは、フィテッセに格の違いを見せつけた。

 圧倒的にボールを保持して、20歳のドニエル・マレンが5発叩き込む。オランダ代表の新星FWのゴールラッシュに、伝統ある無骨なスタジアムは沸きに沸いた。

 快勝劇のさなか、背番号25がピッチサイドに立ったのは79分のこと。スコアは3-0だった。マルク・ファンボメル監督は、元ポルトガル代表FWブルマに替えて、堂安を右サイドに送り出す。

 21歳の日本代表MFが、ロマーリオ、ロナウド、ルート・ファン・ニステルローイ、アリエン・ロッベン、そして「パク・チソン」……数々の名選手を輩出してきたオランダの名門でデビューした瞬間だった。

「感覚が合う選手が多い」

 10分ばかりの出場に終わり得点に絡むことこそなかったが、それでも堂安はポジティブな感覚を得たようだ。

「プレーしたのは10分だけでしたけど、その中で感じたのは、仕掛けても行けない時に近くに選手がいてくれるので、逃げの場所がある、ということですね。

 フローニンゲンではそういった場面で周りに選手がいなくて、どこにもパスを出せないから仕方なく自分で行く、イチかバチかの仕掛けが多かった。博打のような仕掛けだったら、止めて、味方に出したほうがチャンスに繋がるな、と感じました。感覚が合う選手が多いですね」

【次ページ】 現役オランダ代表が並ぶチーム。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

堂安律
PSV
フローニンゲン
パク・チソン
マルク・ファンボメル
スティーブン・ベルフワイン
デンゼル・ダンフリース

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ