セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

ミランの新エース、ピオンテクは
“背番号9の呪い”を解けるのか。

posted2019/09/20 11:40

 
ミランの新エース、ピオンテクは“背番号9の呪い”を解けるのか。<Number Web> photograph by Uniphoto Press

9月15日の3節ベローナ戦でPKを決めて今季初ゴールを挙げたピオンテク。得意の「ガンマンポーズ」を見せた。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

Uniphoto Press

 21世紀ももう20年になろうというのに、サッカーの世界には“呪い”というオカルトチックなものが跋扈している。

“背番号9の呪い”にかかったのは、ミランのエースFWクシュストフ・ピオンテクだ。

 昨季、リーグ戦とコッパ・イタリアを合わせて年間30ゴールをあげ、今季からミラン伝統の背番号9をつける彼は、セリエAの開幕から2試合無得点。ポーランド代表として臨んだ9月のEURO2020予選でもノーゴールに終わった。

 呪いとは偉大なOBフィリッポ・インザーギが2012年に引退以降、ミランの背番号9をつけたFWたちがことごとく陥るスランプを指す。

呪いは確かに彼とミランを苦しめている。

「FWにとって9番は大事な数字だよ。レバンドフスキ、スアレス、ベンゼマ……世界中のトップストライカーが皆つけてる。だから今季から9番を背負えて最高に嬉しい。呪い? そんなもの信じてないし、ビビっちゃいないさ」

 ピオンテクは気丈に言うけれど、呪いは確かに彼とミランを苦しめている。

 まさかの黒星発進となったウディネーゼとのセリエA開幕戦で、新エースは1本のシュートも枠内に飛ばすことができなかった。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙からは滅多にない最低評点「4」で戦犯扱いされ、新指揮官マルコ・ジャンパオロは「ピオンテクは(2トップではなく前線で)独りの方がいいプレーができるのかもしれない」と顔色を変えた。

 続く2節ブレシア戦では先発落ちの憂き目に。試合はMFハカン・チャルハノールが前半12分にあげた虎の子の1点を守りきり何とか連敗は免れたが、チームは前後の連係が未だバラバラで、新戦力の順応不足も相まって不安は募る。

【次ページ】 “ピストレーロ(ガンマン)”の異名をとる。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

クシュストフ・ピオンテク
ACミラン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ