オリンピックへの道BACK NUMBER

バレー女子のセッター争いに進展?
W杯に選ばれた宮下遥、佐藤美弥。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/09/14 11:30

バレー女子のセッター争いに進展?W杯に選ばれた宮下遥、佐藤美弥。<Number Web> photograph by AFLO

リオ五輪の経験を買われ、ワールドカップメンバーに選ばれた宮下遥。涙で終わったリオの雪辱は果たせるか。

ポスト竹下問題がついに終わるか。

 つまり、代表争いは続いていく。

 その中で、宮下と佐藤はいかにアピールすることができるか。そしてチームの勝利に貢献することができるか。

 リオの悔しさをばねにしてきた2人、そして彼女たち以外のセッターにとっても、勝負が終わったわけではない。

 それぞれにスタイルを持つ選手たちの切磋琢磨が、日本代表のチーム力にもつながっていく。

 竹下佳江の引退以降、はっきりとした輪郭を描けなかった司令塔の座をつかみとるのは誰か。

 ワールドカップは、そういう点でも興味深い大会となる。

 道は、2020年につながっていく。

関連記事

BACK 1 2 3
中田久美
宮下遥
佐藤美弥
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ