GO FOR TOKYO 2020BACK NUMBER

ビーチバレー坂口佳穗の大成長。
東京五輪へ向け「1人の人間として」。

posted2019/09/07 09:00

 
ビーチバレー坂口佳穗の大成長。東京五輪へ向け「1人の人間として」。<Number Web> photograph by tenten

坂口佳穗のビーチバレーの世界における存在感は大きい。東京五輪は24歳で迎えることになる。

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

photograph by

tenten

 中学卒業を機にそれまで続けていたバレーボールから離れた坂口佳穗に、転機が訪れたのは高校3年の秋だった。試合観戦をしたことからその魅力に取りつかれ、大学入学と同時にビーチバレー選手へ転身した。翌年からは本格的にツアーに参戦し、昨年は悲願の国内ツアー初優勝。ワールドツアーでも表彰台に上がった。

 5シーズン目を迎えた今季、坂口は昨年の世界大学選手権でペアを組んだ村上礼華を新たにパートナーとして迎え、国内外のツアーに挑んでいる。今季はここまで国内ツアーで2勝。「しっかりと勝ち切れたのは良かったと思います。試合中に崩れても、その後、二人でしっかりと立て直すこともできたので、自信にはなりましたね」と笑顔がはじける。

 技術のみならず、精神的な成長は自らも実感している。きっかけとなったのは、昨年までペアを組んでいた8歳年上の鈴木悠佳子の言葉だった。

「本当に勝ちたいのなら自分としっかり向き合わないと。足りないものに気づいて、それを認めないと何も変わらないよ」

 自分の“甘さ”に気づかされた。

「自分がいかに周りに頼っていたか」

「昨年は社会人として迎えた初めてのシーズンでした。選手としてはもちろん、一人の人間としていろいろと指導していただいて、それまで自分がいかに周りの方々に頼っていたのかを認識した1年になりましたね。そういう部分を変えないと勝てないんだ、変わらなきゃいけないって」

 カウントダウンが始まった東京五輪出場に向け、現在はツアーを転戦する日々を送る。

「海外に行くと、もちろん選手も楽しそうにプレーしているし、観客もすごく盛り上がっているんです。ビーチバレーはエンターテイメント性もあるスポーツ。日本でもそんな空間を作れるような選手になりたいです」

坂口佳穗Kaho Sakaguchi

1996年3月25日、宮崎県生まれ。マイナビ/KBSC所属。2014年、大学入学と同時にビーチバレーを始める。'15年からJBVツアーに参戦し、同年6月、国内メジャー大会デビューを果たした。'18年5月、マイナビジャパンビーチバレーボールツアー第2戦東京大会で優勝。173cm。

<夏の奇跡の物語>甲子園旋風録。
コメントする・見る

関連コラム

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

坂口佳穗
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ