オリンピックへの道BACK NUMBER

バレー女子のセッター争いに進展?
W杯に選ばれた宮下遥、佐藤美弥。

posted2019/09/14 11:30

 
バレー女子のセッター争いに進展?W杯に選ばれた宮下遥、佐藤美弥。<Number Web> photograph by AFLO

リオ五輪の経験を買われ、ワールドカップメンバーに選ばれた宮下遥。涙で終わったリオの雪辱は果たせるか。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AFLO

 バレーボール女子のワールドカップが、9月14日、横浜アリーナで開幕する。

 オリンピック、世界選手権と並ぶ重要な国際大会である。

 ただ、出場する海外の国の中には、先月のオリンピック予選で出場権を得たチームも複数ある。また、残る出場権がワールドカップで得られるわけでもないため、どこまで本気で勝ちに来るのか、微妙なところもある。

 それでも日本代表にとっては、来年のオリンピックへ向けて試金石となる場である。

 大会を前に注目を集めていたのは、セッターに誰が選ばれるかだった。セッターは、日本代表の中田久美監督が腐心してきたポジションだったからだ。

 セッターの起用について、ことあるごとに関する質問も飛んでいたことも、混沌とした状況を示していた。今年になってからの国際大会でも、新たに若い選手を選ぶなど試行錯誤は続いていた。

 見方を変えれば、選手間の競争が熾烈だったポジションとも言える。そしてその中からワールドカップに選ばれたのは、宮下遥と佐藤美弥だった。

リオで批判を浴びた宮下遥。

 選出理由をこう説明している。

「(宮下は)リオデジャネイロオリンピックを経験していること、177cmの高さとディグ(スパイクレシーブ)力」

 佐藤については、「宮下とのバランスを考えて、夏場に主将の岩坂(名奈)に代わってまとめてくれた統率力」と語っている。

 中田監督の言葉にあるように、宮下はリオ五輪に出場した経験を持つ。ただ、思うようなプレーができず批判も浴びた。

 2017年に「覚悟をもってプレーしていきたいです」と語った決意にも、リオの雪辱を期す気持ちが込められているようだった。

【次ページ】 宮下も佐藤も、苦難の道程だった。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中田久美
宮下遥
佐藤美弥
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ