松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

パラ柔道、廣瀬悠・順子夫妻の
出会いからプロポーズまで修造肉薄! 

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2019/09/23 08:00

パラ柔道、廣瀬悠・順子夫妻の出会いからプロポーズまで修造肉薄!<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

夫婦揃ってのトップアスリートというのは珍しい。松岡修造さんは、一気に核心に迫る質問へと突撃!

「僕からも自立して、旅だっていきました」

松岡「それは順子さんの存在を知ったからじゃないんですか。『もう離婚よ!』って」

「全然違います。順を追って説明すると、僕はその時、以前よりももっと目が見えなくなっていて、誰かの介助を必要とするくらいだったんです。で、手術をしてけっこう回復したんですけど、自分の介助を奥さんに頼るのがイヤだった。それで奥さんにも自立して、夢を持ってもらいたいと言ったんです」

松岡「オレの面倒なんていいからと」

「はい。それで妻が柔道整復師の資格が取れる専門学校に通い出して、僕が入学金も出したんです。3年間通って、国家資格を取りました。そして、いきなり開業しました」

松岡「自立しましたね!」

「ハハハ、そうなんです。で、そのときに僕からも自立して、旅だっていきました」

松岡「自立しすぎちゃったということなんですか」

「そうですね。この先も僕の面倒を見るか、自分が開業して夢を叶えるか、本人もすごく悩んで。ちょうどその時に僕が手術をして、視力が今くらいに回復したので、僕からも夢の方へ進んで下さいと言いました」

松岡「わりと平和な感じですね」

「はい、今でも連絡を取れますから。円満な離婚だったと思います」

松岡「順子さんは離婚したという噂は聞いていたんですか」

順子「はい、知ってました。2回目にまた柔道場で会った時に本人から聞きました」

松岡「わざわざ言いに行ったんですか」

「やっぱりアピールはしとかないと」

順子「みんなに言ってました(笑)。『離婚した』と」

松岡「じゃあ、その2回目に会った時に運命的なものを感じたんですか。お互いに」

「いやもう、いずれにしても年が離れすぎていたので、そんな意識はしてなかったです。いくらチャラ男とはいえ、11歳も離れているんですよ」

順子「私の方は2回目に会った時に結構話をしていて、話してみると面白いし、みんなのムードメーカーだし、適当なようでいて緊張している人に声を掛けてリラックスできるようにしていたり、そういう気遣いが感じられて、この人は優しい人だなって気になっていったんです」

【次ページ】 「とりあえず告白しておこうかなって」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

廣瀬悠
廣瀬順子
松岡修造
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ