オリンピックPRESSBACK NUMBER

女子レスリングは弱くなったのか?
世界選手権で金メダル「1」の意味。

posted2019/09/26 07:00

 
女子レスリングは弱くなったのか?世界選手権で金メダル「1」の意味。<Number Web> photograph by AFLO

敗戦のショックにも銅メダルを獲得した川井友香子。世界との立ち位置が見えた今大会となった。

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph by

AFLO

 日本の女子レスリングは弱くなったのか。

 この9月、カザフスタンで行なわれた2019年世界選手権で、日本の金メダルは57kg級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が獲得した1個のみという結果を受け、巷ではそう囁かれている。

 果たして本当にそうなのか。

 笹山秀雄女子強化委員長は「そこまで大惨敗だとは思っていない」と反論した。

「(五輪で実施される階級での)メダルは全部で5個取れ、国別では総合優勝することもできました。伝統は守れたと思います」

 その指摘通り、国別ランキングで日本は1位。トータルすれば、世界の頂きの座を他国に譲ることはなかった。しかし、これまでの世界選手権では金メダルラッシュを見せてくれていたことも事実。昨年の同選手権でも4つの金を獲っている。

他国の実力が想像以上に伸びている。

 では、なぜ今回はひとつしか金を獲れなかったか。それは東京オリンピックを翌年に控え、他国の実力が想像以上に伸びてきているからにほかならない。

 姉・梨紗子とともに金メダルを狙った62kg級の川井友香子(至学館大)は3回戦でローリングを狙ったところ、途中で相手に体を入れ換えられた挙げ句そのまま押し潰される形でフォール負けを喫した。これは男子グレコローマン60kg級で優勝した文田健一郎(ミキハウス)が得意としているテクニックだが、筆者が記憶する限り、女子の試合で見たのは初めてのことだ。

 西口茂樹強化本部長は「川井友香子にはローリングをかける時には気をつけろと伝えてあった」という意外な事実を明かす。

「あの子はアンクルホールド(相手の足首を固定してクルクル回り、ポイントを稼ぐテクニック)でも何でもできる子。ただし、今回やったらたぶんズレてパニックになると思っていたら案の定そうなってしまった」

【次ページ】 最軽量級でタックルを封じられ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

川井梨紗子
川井友香子
土性沙羅
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ