話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

大宮を救ったイッペイシノヅカ。
ロシア代表とJ1昇格の二兎を追う。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/09/10 11:30

大宮を救ったイッペイシノヅカ。ロシア代表とJ1昇格の二兎を追う。<Number Web> photograph by Getty Images

国籍はロシアだが、外国人枠ではない出場が可能なこともイッペイ・シノヅカの優位な点の1つである。

マリノス時代は2年で1点だけ。

 ウィークポイントはイッペイシノヅカ自身も自覚している。

 だが、それを補って余りある攻撃力が彼の魅力だ。最近は周囲の選手との呼吸が合ってきて、味方をうまく使って得点に結びつけるプレーも考えている。

「周囲と連動していかないと(守備の)堅い相手を崩せないですし、アタッキングのところでそれぞれアイデアを出していかないといけないと思っています。監督からは具体的に何かをしろと言われていないけど、自分がやらないといけないことは分かっている。僕がクロスに入って得点に絡むことも大事だし、ストライカーが大きいのでそこを活かしていくことも必要かなと。

 とにかくチームが勝てればいいので、そのためにチャンスを作っていきたい。それが多ければ多いほどいいと思うんで」

 F・マリノス時代は、2年間でリーグ戦は1得点しか挙げられなかった。ポジション的にサイドバックに置かれたことも影響しているが、もともと攻撃の選手であることを考えるともう少しゴールがほしいのも確かだ。

ロシア代表という夢は捨てない。

 大宮はこれからJ1昇格に向けて厳しい戦いが続くが、その中でチームの勝利に貢献するゴールをより多く挙げることができれば、その先の目標が見えてくる。

「僕は、まだロシア国籍なんで、チャンスがあるんですよ」

 イッペイシノヅカは、U-18ロシア代表でプレーした経験がある。その時の誇らしい気持ちを今も忘れてはいない。そしてそれ以来、ある夢をずっと抱き続けている。

 昨年のロシアW杯は現地に行くことはできなかったが、ベスト16でスペインを破り、ベスト8に進出したロシア代表の活躍に胸が躍った。

「ロシア代表のプレーを現地で見たかったけど、行けなかった。でも、W杯での活躍は素晴らしかった。自分にとってロシア代表は本当にまだ遠いところですし、そこまで考えることができていないけど、日本で活躍していけばその可能性もあると思っています。サッカー人生はまだこれからなので、ロシア代表を目指していきたいですね」

 大宮のJ1昇格に貢献した選手がロシア代表になる。

 イッペイシノヅカは、その二兎を追う。

関連コラム

BACK 1 2 3
イッペイシノヅカ
大宮アルディージャ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ