話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

大宮を救ったイッペイシノヅカ。
ロシア代表とJ1昇格の二兎を追う。

posted2019/09/10 11:30

 
大宮を救ったイッペイシノヅカ。ロシア代表とJ1昇格の二兎を追う。<Number Web> photograph by Getty Images

国籍はロシアだが、外国人枠ではない出場が可能なこともイッペイ・シノヅカの優位な点の1つである。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

Getty Images

 大宮アルディージャを救ったのは、イッペイシノヅカだった。

 FC町田戦、1点ビハインドの後半最初から左ウイングバックの吉永昇偉に代わって出場した。

 前への推進力を見せて流れを大宮に引き寄せ、追撃のムードを作ると、後半28分には右からの三門雄大のクロスを軽くヘディングで合わせて同点ゴールを決めた。

「ゴールは、ここに来たらいいなって思って走り込んだら相当いいボールが来たんで、これは決めるしかないなって。ヘディングは珍しいですけど、まぁヘディングでもなんでもゴールになったのはうれしいです。

 今はウイングバックなので、自分が点を取りたいという意識もあるけど、チームのためにセンタリングとかアシストができれば満足。ただ、その中で自分が点を取れたのは勢いがつくし、自分の自信にもつながります」

 極めて価値のあるゴールだった。

 愛媛、甲府に連敗している大宮にとって、町田戦は落とせない試合だった。敗れればJ1自動昇格の2位内が霞み、チームも自信を失いかねない。そういう中、イッペイシノヅカのゴールで上り調子の町田から勝ち点を奪ったことは非常に大きく、順位も5位ながら2位の横浜FCと勝ち点2差に踏みとどまることができた。

夏の移籍は即結果が求められる。

 イッペイシノヅカ自身にとっても、大きなゴールだった。

 横浜F・マリノスから大宮に完全移籍してきたのが、7月4日。

 23節の京都戦でデビューすると、つづく24節の山口戦から左ウィングバックのレギュラーポジションを獲得し、7試合連続でスタメン出場を果たした。

 だが、ここまで得点はゼロ。夏の移籍は即戦力ゆえに結果が求められる。イッペイシノヅカ自身も「プレッシャーじゃないけど、期待値が高いと思うんで、点が取れていなかったことは歯痒かったし、モヤモヤしていたものがあった」と、チームの勝利に結果で貢献できていないことに責任を感じていた。

【次ページ】 ロシアで育った仕掛ける力。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

イッペイシノヅカ
大宮アルディージャ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ