オリンピックへの道BACK NUMBER

素根輝が世界で見せた柔道の醍醐味。
162cmのハンデは「むしろ武器だと」。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byNaoki Nishimura/AFLO SPORT

posted2019/09/02 11:40

素根輝が世界で見せた柔道の醍醐味。162cmのハンデは「むしろ武器だと」。<Number Web> photograph by Naoki Nishimura/AFLO SPORT

身長が10cmほど高いオルティス相手に粘りの柔道を見せた素根輝。個人戦に初めて挑んだ世界柔道で金メダルを獲得した。

課題は「投げきる、一本とる」。

 迎えた世界選手権では、練習の成果が表れていた。左釣り手を鍛えるなど組み手で優位に立つことで機先を制す。積極的な姿勢とともに、決勝を除けば、常に相手が先に指導を受けた事実が、成長を示していた。

 終わってみれば、小さな小さな、世界チャンピオンの誕生だった。

 日本代表女子監督の増地克之氏も評価する。

「決して絶好調ではなかったと思いますが、その中で勝負に徹する戦いをやってくれました。大きい外国人に対して体の不利を弱点にせず、しっかりと戦えていて、成長していると感じました」

 一方で課題も語る。

「投げ切る、一本とるというところです」

 素根自身、安閑としてはいられない状況がある。

 この階級には、2018年世界選手権金メダルの朝比奈沙羅もいる。今大会では銅メダルに終わったが、来年の東京五輪代表争いにおいて、大きな差をつけているわけではない。だから素根も気を緩めはしない。

 今春、郷里を離れて大学に進学するとともに、練習パートナーである兄と母も一緒に居を移した。家族をはじめとする周囲の支援を肌身に感じる素根は言う。

「たくさんの方に支えられて協力してもらってここまできました。一番の恩返しは、オリンピックの金メダルだと思います」

 そして、こうも語る。

「課題がたくさんみつかりました。足りないところだらけです」

 たくさんの課題は、のびしろの大きさでもある。

 恩返しのためにも、4年に一度の舞台で頂点に立つ。そんな思いとともに、進んでいく。

関連記事

BACK 1 2 3
素根輝

格闘技の前後の記事

ページトップ