オリンピックへの道BACK NUMBER

素根輝が世界で見せた柔道の醍醐味。
162cmのハンデは「むしろ武器だと」。

posted2019/09/02 11:40

 
素根輝が世界で見せた柔道の醍醐味。162cmのハンデは「むしろ武器だと」。<Number Web> photograph by Naoki Nishimura/AFLO SPORT

身長が10cmほど高いオルティス相手に粘りの柔道を見せた素根輝。個人戦に初めて挑んだ世界柔道で金メダルを獲得した。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Naoki Nishimura/AFLO SPORT

「小よく大を制す」

 昔から語られてきた、格闘技における醍醐味の1つだ。柔道もまた、そこに含まれる。

 そしてそんな言葉を思い起こさせる選手が、柔道の世界選手権で金メダルを獲得した。

 女子78kg超級の素根輝である。

 届きそうで届かない――。大会前半、男女それぞれで生まれた金メダルだったが、後半、惜しくも銀メダルに終わる選手が相次いだ世界選手権。

 その流れを受けて、個人戦の最終日である31日、素根は出番を迎えた。

第一人者オルティスとの決勝戦。

 素根は初戦から順調に勝ち上がると、決勝でイダリス・オルティスと対峙する。北京五輪から3大会連続でメダルを獲得し、2012年ロンドン五輪では金メダル。現在の世界ランキングは1位。まぎれもなく、この階級の第一人者である。

 試合は両者譲らず、拮抗した戦いが続く。容易に技が出ず、両者に指導が与えられる。さらに試合時間残り48秒で、素根に2つ目の指導。あと1つ受ければ反則負けとなる。

 だが、そこから素根の持ち味であるスタミナが生きた。オルティスの動きが落ちる一方で、素根に低下はない。

 延長に入り1分1秒、消極的姿勢に対しオルティスに2つ目の指導。さらに4分9秒、試合時間計8分9秒、小内刈りをかけて押し込んでいく素根に対し、オルティスはひるんだように場外へ下がる。3つ目の指導。

 今大会、日本にとって男女を通じて4個目となる金メダルが生まれた瞬間だった。

 19歳、初めての出場でつかんだ栄冠だった。

「何が何でも勝つという気持ちで、どんな勝ち方でも絶対に勝つ、という気持ちでした」

 素根は振り返る。根底には、1年前の屈辱があった。

【次ページ】 個人戦代表から外れた昨年。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

素根輝

格闘技の前後のコラム

ページトップ