ゴルフPRESSBACK NUMBER

渋野日向子の笑顔は何でできている?
「別にシンデレラでもないしなと」 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/08/22 11:50

渋野日向子の笑顔は何でできている?「別にシンデレラでもないしなと」<Number Web> photograph by Getty Images

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント最終日18番のバーディーパットを外して苦笑いする渋野。この後パーパットも外して優勝争いから脱落した。

日向子の笑顔に下には……。

 だが、そんな彼女を凱旋2大会で誰よりも近くで見ていた定由早織キャディーも、渋野が言うのと同じようにコース上で重圧にうろたえている様子は感じなかったという。

「プレッシャーとかはなくて、ただ目の前のバーディーを取りたいと思っている。フィーバーが早く落ち着いてほしいとは思っているけど、いま一番気になっているのは携帯のシャッター音。『今撮ったでしょ!』と本人が注意しても知らんぷりされるみたいで」

 それは時の人とは思えない、プロゴルファーとしてひどくありがちな悩みだ。

 会見を終え、関係者へのあいさつや荷物の片付けを済ませた渋野は、クラブハウスの前で帰りの車に乗り込んだ。「おつかれさまでしたー!」とその場にいた大会スタッフや報道陣に両手を大きく振り、しかも最高の“しぶこスマイル”を添えて。

 無理に渋野日向子らしくあろうとしなくても、振る舞いや言動が周囲の求める渋野らしくなってしまう。それは天性である。

 チームスタッフの男性は感心した顔つきだった。彼はこの大会から渋野に帯同を始めたのである。見送り終えて、彼はしみじみと言った。

「疲れているのは間違いない。でも、やっぱりあれが彼女の性格なんですよ」

 桜の木の下には屍体が埋まっている。日向子の笑顔の下には……。負けず嫌いで強情なプロ根性と神秘の雰囲気を放つ爛漫さがある。

女子ゴルフ 黄金の挑戦

Sports Graphic Number 998

女子ゴルフ 黄金の挑戦

 

関連記事

BACK 1 2 3 4
渋野日向子

女子ゴルフの前後の記事

ページトップ