ゴルフPRESSBACK NUMBER

渋野日向子の笑顔は何でできている?
「別にシンデレラでもないしなと」 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/08/22 11:50

渋野日向子の笑顔は何でできている?「別にシンデレラでもないしなと」<Number Web> photograph by Getty Images

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント最終日18番のバーディーパットを外して苦笑いする渋野。この後パーパットも外して優勝争いから脱落した。

ゴルフの結果は自分の問題。

 実感がない、というのは違う。

 フィーバーがもたらす事象はできるだけ突き放して距離を取り、メジャーを制した選手としての自信だけすくい取って力に変える。そうやって彼女はすり減る心を守っているのかもしれない。

 だからゴルフのことに関しては俄然、言葉が熱を帯びた。どんなプレーをするかは周りの喧騒とは関係なく、自分の問題だからだ。

 最終日最終組で回り、首位タイで迎えた最終ホール。決めたら優勝の5mのバーディーパットを大きくオーバーし、返しの2mのパーパットも外れた。プレーオフにも残れずに終戦。痛恨の3パットに口をへの字に結び、目を吊り上げて、足早にクラブハウスに引き揚げた。

「人前で見せるものではない」という涙をロッカールームで静かに流した後、表彰式に参加し、会見場に現れた頃には、渋野はもう元通りの笑顔を取り戻していた。

勝利への欲求からくる“緊張”。

「3パットした理由はプレッシャーではないです。ただ緊張して手が動かんかった。なんでなんですかね。本当に最後のパットはめちゃくちゃ緊張したんですよ。自分でもなんでこんな緊張するんだろうと思って。手は震えてるし。なっさけねぇ! と思いながら」

“プレッシャー”はないが“緊張”はある。

「プレッシャーって勝たなきゃいけないみたいな感じですよね。まあ特に勝っても勝たなくてもいいと思ってましたけど、最後のボギーの打ち方がやっぱり悔しかったかな」

 外的な要因がもたらすものがプレッシャーだとしたら、勝ちたいと願う内面から湧き出るのが緊張。予想外の緊張はプレッシャーが防波堤を乗り越えて内面を侵食してきたからなのか。それはまだ渋野自身にも分からないことだ。

【次ページ】 日向子の笑顔に下には……。

BACK 1 2 3 4 NEXT
渋野日向子

女子ゴルフの前後の記事

ページトップ