マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

奥川恭伸以外もぜひ覚えておきたい、
非エリートから選ぶ「私だけの逸材」。

posted2019/08/21 12:10

 
奥川恭伸以外もぜひ覚えておきたい、非エリートから選ぶ「私だけの逸材」。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

八戸学院光星・山田怜卓の投球には大きな可能性を感じる。こんな将来の逸材を見つけるのも甲子園の楽しみだ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 次の「100回」のスタートとなる「第101回全国高校野球選手権大会」も、いよいよ大詰めを迎えた。

 始まる前、2週間は長いなぁ……と思うのだが、始まってみると、あっという間に日にちが経ってしまうのが「甲子園」。というのも物の常なのだが、なんのせいだか、今年は常にも増してまたたく間だったように思う。

 全国各地の激戦を勝ち抜いてきたチームばかりだから、選手たちだって、もちろん好選手ぞろい。ちょっとやそっとの“腕利き”には驚かないのだが、それでも、思わずオオッ! と驚きの声を上げてしまう「逸材」が必ず何人か現れるのがこたえられない。

 逸材といっても、たとえば今年なら、星稜・奥川恭伸(投手・3年)や明石商・中森俊介(投手・2年)のような誰もが知る「エリート系」ではない。

 私だけの感性のアンテナにひっかかって、いたく驚かせてくれた「私だけの逸材」をお伝えしたい。

ふたケタ背番号投手に驚かされた。

 ここ数年、夏の甲子園の“野球”が変わりつつある。

 以前は、たいていのチームには甲子園出場の原動力となった「絶対的エース」が君臨していて、彼らががっぷり四つに組み合って、互いに一歩も退かず……そんな試合展開が多かった。しかし昨今は、はっきり「打高投低」、打ち合いを制することのできないチームは勝ち上がれない。そんな傾向が明確になってきた。

 いきおい、各チームとも複数の投手を育成して、継投で試合を進めようとする。

 リリーフでマウンドに上がる“ふたケタ背番号”の投手の中に「こんなピッチャー、いたんだ!」と思わず声を上げてしまった快腕が何人かいた。

【次ページ】 八戸学院光星・山田には驚いた。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

奥川恭伸
中森俊介
山田怜卓
降井隼斗
池田陽佑
八戸学院光星高校
津田学園高校
智弁和歌山高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ