“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

昨年準V、U-20W杯の悔しさを糧に。
西川潤が夏を制して逞しくなった。

posted2019/08/06 08:00

 
昨年準V、U-20W杯の悔しさを糧に。西川潤が夏を制して逞しくなった。<Number Web> photograph by Takahito Ando

エースとして桐光学園を初の日本一に導いた西川潤。試合後はリーグ戦、U-17W杯、そして選手権での活躍を誓った。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 悲願の全国優勝を決めたゴールは、彼らしからぬ関わり方だった。だが、それは彼のエースとしての、チームの一員としての「進化」が見えたシーンだった。

 インターハイ決勝、桐光学園vs.富山第一の一戦。

 2年連続決勝進出となった桐光学園のエースストライカー・西川潤は、0−0で迎えた後半アディショナルタイムに左サイドでMF中村洸太がドリブルで仕掛けた瞬間、ボールを受けるべく中央左寄りの位置でDFを背負いながら、パスを呼び込んだ。

 中村からの縦パスが届く前に、西川は首を振って周囲を確認。自分よりゴールに近い位置である後ろにFW庄司朗が、さらに近くにFW神田洸樹がフリーでいることを察知すると、中村の縦パスに対して、背負ったDFをパスコースから押し出す形で腰を入れた。相手DFはボールを奪うべく西川を押し出そうとするも、そのままボールは庄司の足元へとつながった。

 西川は押し倒される形でその場に転がるが、庄司につながったボールは神田に渡され、その神田がドリブルで持ち込みゴール右隅に強烈なシュート突き刺した。そして、その瞬間に試合終了を告げるホイッスルが鳴り響いた。

あえて潰れた決勝ゴールのシーン。

 西川はその場で仰向けになって空に向かってガッツポーズ。仲間に駆け寄る気力は残っていなかったが、得点につながる彼の自己犠牲はまさに渾身のラストプレーだった。

「これまでだったら強引にボールを受けて、自分で行こうとしていたと思う。でも、あのシーンは自分が受けるより、周りの選手がいいポジションにいたし、いいプレーをしてくれると思えたので潰れることを選択しました。しんどい時こそ、周りをよく見てベストな選択をする。あのシーンにはそれが現れていた」

 試合後、彼はこう語って笑顔を見せた。

 西川といえば、切れ味鋭いドリブルが武器だ。ファーストタッチから加速してスピードで切り裂くドリブルと、ターンから中へ入っていくドリブルが代名詞。あのシーンも受ける前はフリーで、一歩前に出て受ければターンできる状況であった。だが、彼はあえて潰れて仲間に託すプレーを選択した。

 これは彼の中でのある気づきがもたらしたものだった。

【次ページ】 「忙しい」なかで見失った自分のプレー。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

西川潤
桐光学園高校

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ