競馬PRESSBACK NUMBER

ディープ急死はイギリスでも話題。
現役ラストラン、武豊との逸話とは。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph bySatoshi Hiramatsu

posted2019/08/02 08:00

ディープ急死はイギリスでも話題。現役ラストラン、武豊との逸話とは。<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

当時の「芝長距離部門」の世界ランク1位として臨んだ2006年の凱旋門賞では、断然の1番人気に支持された。

ダービーでは大外を走って5馬身差。

 ダービーも例によって後方から進んだディープインパクトは、誰にも邪魔されないように馬群の大外を進出。当然、それだけ長い距離を走る事になるのだが、とてもそうは思えない走りで突き抜けた。

 2着インティライミにつけた差は実に5馬身。当時、インティライミの手綱を取った佐藤哲三騎手は「何とか負かせないか策を練り、その通り完璧に乗れたと思ったのに、大外から突き抜けられて5馬身も差をつけられたのでは話になりません」と半ば呆れた表情で語っていた。

 ちなみにウィナーズピクチャーで武豊騎手は指を2本立てた。“Vサイン”ではなく“二冠目”奪取の意味で。

菊花賞で見せたそれまでと違う競馬。

 夏を越したディープインパクトは神戸新聞杯を勝利すると、続く菊花賞ではそれまでと違う競馬を披露する。

 いつも後方から末脚勝負で勝ち続けてきたが、この時は今まで以上に好スタートを決めた事もあり、道中は中団。中盤までに13秒台のラップを3度も刻む長距離戦特有の遅い流れになったこともあり、序盤は引っ掛かる素振りを見せたことで、いつもより前の位置になったのだ。

 さすがにこの時は「三冠ピンチか?!」という思いが一瞬、頭をよぎった。手綱をとった日本一のジョッキーも後に「前半、掛かった時はパワーが半端ではないから苦労しました」と語った。

 しかし、途中で落ち着くと、最後はいつも通り。出し抜けを食らわそうとした策士・横山典弘騎手の好騎乗から早目に抜け出したアドマイヤジャパンが「粘り込むのでは?!」と思えたのも束の間、次の刹那にはディープインパクトがいつもの末脚を炸裂。その瞬間、シンボリルドルフ以来、史上2頭目となる無敗の三冠馬が誕生し、ウィナーズサークルでは武豊騎手が“三冠達成”を意味する三本の指を立て、写真に納まった。

【次ページ】 有馬、凱旋門賞でまさかの敗戦。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ディープインパクト
武豊
横山典弘
福永祐一

競馬の前後のコラム

ページトップ