競馬PRESSBACK NUMBER

名手マーフィー騎手に導かれて。
ディアドラ、初の海外GI制覇達成。

posted2019/08/09 07:00

 
名手マーフィー騎手に導かれて。ディアドラ、初の海外GI制覇達成。<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

1998年仏GIモーリスドゲスト賞のシーキングザパール以来、2度目の日本調教牝馬の欧州GI制覇となった。

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph by

Satoshi Hiramatsu

 現地時間8月1日、イギリスで日本馬のディアドラ(牝5歳、栗東・橋田満厩舎)がGIを制覇した。

 彼女が走ったのはナッソーS(GI、芝10ハロン=約2000メートル)。3歳以上牝馬のビッグレースで、例年、古馬牝馬とその年の欧州各国の1000ギニー(日本でいうところの桜花賞に該当)やオークスで好勝負を繰り広げてきた馬達が集結する。

 3月にドバイへ遠征した後、1度も帰国する事なく香港、そしてイギリスへ飛んでこれがこの遠征での4戦目。通算で海外6戦目となったディアドラにとって、今回の勝利は嬉しい海外初優勝となった。

 これまでの海外5戦は始めの2戦で手綱をとったC・ルメール騎手に始まり、J・モレイラ騎手を挟んで武豊騎手が2戦。そして今回は初めてO・マーフィー騎手が手綱を取る事になった。

17歳でデビュー、1年目から活躍。

 昨年の暮れからこの年頭にかけ、短期免許を取得して日本でも騎乗したマーフィー騎手。その活躍で一躍、日本の競馬ファンにも名が知れたが、1995年9月6日、アイルランドで生まれた彼はヨーロッパでは少し前からすでに頭角を現していた。

 叔父も元ジョッキーという彼は幼少時からポニー競馬にも参戦。その後、アイルランドのトップトレーナーであるエイダン・オブライエン調教師の下で修行をし、2013年5月、17歳の時にプロデビューを果たした。

「生まれ故郷のアイルランドではなく、イギリスでデビューしました」

 するとアンドリュー・ボールディング調教師の助けもあり、デビュー1年目から41勝を挙げる活躍。2年目は3月に準重賞勝ち、5月には自身初の重賞制覇となるテンプルS(GII、ホットストリーク騎乗)優勝もマークした。

【次ページ】 3年目で大台100勝を突破。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ディアドラ
オイシン・マーフィー

競馬の前後のコラム

ページトップ