欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

アンチェロッティの下で戦力充実。
ナポリがユーベの9連覇を止める!?

posted2019/08/01 11:30

 
アンチェロッティの下で戦力充実。ナポリがユーベの9連覇を止める!?<Number Web> photograph by Uniphoto Press

CL、セリエA、プレミアリーグなどで優勝経験豊富なアンチェロッティが続投した。

text by

神尾光臣

神尾光臣Mitsuomi Kamio

PROFILE

photograph by

Uniphoto Press

 0-3。7月28日、エジンバラで行なわれたプレシーズンマッチ、リバプールvs.ナポリの結果だ。勝者はナポリ。昨シーズンのUEFAチャンピオンズリーグのグループCで苦汁を飲まされ、その後、王者の座にまで駆け上がった相手に完勝した。

 キャプテンマークを巻く地元出身のファンタジスタ、ロレンツォ・インシーニェが躍動して全得点に絡んだ。17分に左サイドからドリブルでカットインすると、ゴール右下隅に正確なミドルシュートを突き刺した。28分には左サイドを突破してグラウンダーのクロスを送り、ポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクの追加点を演出した。さらに52分、またもや左サイドからドリブルで仕掛け、トレント・アレクサンダー・アーノルドを置き去りにしてシュート。右足インフロントで回転の掛けられたシュートはGKに弾かれたが、前方に転がったボールをアミン・ユーネスが押し込んだ。

 DFは空中戦によく耐え、終盤の猛攻には成長が期待される若手GKアレックス・メレトが好セーブを見せた。3点をもぎ取り、無失点に抑えての完勝である。

昨年の同時期には5失点で大敗。

 むろん、プレシーズンマッチの結果に公式戦ほどの重みはない。第一リバプールには、モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノ、さらにはアリソンという、アフリカ・ネーションズカップもしくはコパ・アメリカに出ていた主力が欠けていた。

 しかし昨年の同時期にも同じカードがあり、その時はナポリが5失点で大敗している。そして、1年後の快勝である。そこには進歩を感じざるを得ないし、実際に試合内容にも成長が表われていた。チーム全体で美しいサッカーを見せ、インシーニェはリバプールのサポーターからも拍手を受けていた。

「こういう勝利を収めると、勇気と自信と活気が養われるし、自分たちの取り組んでいることに確信も増す。とにかく試合に勝つということは(公式戦で)勝つことの助けにもなる。とりわけCL優勝チームに良い試合ができたということは、満足をもたらしてくれる」

『コリエレ・デッロ・スポルト』紙のインタビューに応えたカルロ・アンチェロッティ監督は、チームの出来に目を細めた。

【次ページ】 スタメンが固定されていたサッリとは違う。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ナポリ
カルロ・アンチェロッティ
ロレンツォ・インシーニェ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ