欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

久保建英はジダンの好みとなるか?
“元祖・神童”玉乃淳が見る将来性。 

text by

吉田治良

吉田治良Jiro Yoshida

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/08/01 11:50

久保建英はジダンの好みとなるか?“元祖・神童”玉乃淳が見る将来性。<Number Web> photograph by Getty Images

ICCのアトレティコ・マドリー戦に出場した久保建英。強烈なミドルシュートで3点目を呼び込んだ。

モドリッチとクロースの壁を越えろ。

 ただ、チームの駒になるにしても求められるのは、「強靭なフィジカル」だと玉乃氏は強調する。仮にインサイドハーフをメインポジションとすれば、蹴落とさなくてはならないのはモドリッチとトニ・クロースだ。

 この高い壁を越えるためには水準以上の守備力と、そして守備に奔走しても攻撃の精度が落ちないだけの「フィジカルタフネス」を身に付ける必要があるだろう。

 アトレティコ・ユース時代、ライバルチームであるマドリーの大黒柱だったジダンに憧れ、追っかけまでしていたと言う玉乃氏。そんな彼にとって、久保を取り巻く現在の状況は「夢のよう」に映るそうだ。

「あの頃、2週間に1度通っていたサンティアゴ・ベルナベウ(マドリーの本拠地)で、日本人選手がプレーするかもしれないんですよ。マドリーのトップチームに上がれるかどうか──そんな議論ができること自体が、僕にとっては夢のようなんです。

 久保くんには当時の“銀河系軍団”で言うと、スティーブ・マクマナマンとか、サンティアゴ・ソラーリみたいな選手を、まずは目指してほしいですね。どんな選手とも組めて、しっかりと周りを活かせる選手。そして、いつか彼のフィジカルが完成形に近づいた時、改めて、例えばイニエスタのようなスーパースターと比較してみたいと思っています」

一喜一憂せず、根を生やしてほしい。

 過熱する「久保フィーバー」を、さらに焚きつける人も、少し距離を置いて冷めた目で見つめる人も、根底にある思いはきっと同じだろう。この18歳の若者が、マドリーという世界一のメガクラブで成功を掴むことは、玉乃氏だけでなく、日本のすべてのフットボールファンにとっての夢なのだ。

 先日のアトレティコ戦のように、これからも上手く行かないことはいくらでもあるに違いない。けれど、目の前の出来事に久保自身も、そして我々も一喜一憂しないことだ。今は草の丈を勢いよく伸ばす時ではない。目には見えない地中深くに、大きく根っこを広げる時なのだから。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
久保建英
レアル・マドリー
玉乃淳
アトレティコ・マドリー
フェルナンド・トーレス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ