セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

笑顔の冨安健洋に地元記者も期待。
古豪ボローニャで現状の序列は?

posted2019/07/30 17:00

 
笑顔の冨安健洋に地元記者も期待。古豪ボローニャで現状の序列は?<Number Web> photograph by Uniphoto Press

ボローニャに加入した冨安健洋。日本代表でも軸となったセンターバックが守備の国イタリアでどんな結果を残せるか。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

Uniphoto Press

 守備の国に、初めて日本人センターバックが挑む。日本代表DF冨安健洋が、シント・トロイデン(ベルギー)からボローニャに移籍した。

 7月16日にチームへ合流し、1次キャンプを終えた後、入団会見に臨んだ彼は「トミと呼んでください」とイタリア語で呼びかけた。そして、移籍を決めた理由を述べた。

「ディフェンスの戦術を学びたいからボローニャを選びました。細かい守備の個人戦術を学びたい」

 世界中のあらゆるDFにとって、イタリアでプレーすることは格別の緊張とプレッシャーを伴う。守備の国では、DFとしての資質がどこよりも厳しく吟味されるからだ。

「まずは試合に出ることが目標です」

 冨安は、地元紙の記者たちが苦笑するほど同じフレーズを繰り返した。それはきっと、そびえるハードルを見据えながら“乗り越えてやる”という彼の決意表明だった。

ミハイロビッチ就任でチームが一変。

 ボローニャは、昨シーズンのセリエA後半戦で、決して小さくないサプライズを起こしたチームだ。今年1月末の時点で彼らはセリエBに片足を突っ込んでいた。

 長く18位に沈み、降格危機に瀕していたクラブはフィリッポ・インザーギ監督を解任し、新たに闘将シニシャ・ミハイロビッチを招聘。闘将の下でチームは生まれ変わり、その後の17試合で驚異の勝ち点30を稼ぎ出した。最終節では強豪ナポリを破り、17年ぶりに本拠地7連勝。逆転残留どころか中位集団のトップともいえる10位獲得に至った。

 シーズンの総勝ち点44は、カナダ人実業家ジョーイ・サプートが2014年に会長職に就いてからの最高成績で、10位確定によりリーグが支給する賞金630万ユーロもクラブにもたらされた。闘将自身「私のサッカー人生で見聞きしたことがない」と自画自賛したほどの快進撃だった。

【次ページ】 今季の補強予算は5000万ユーロ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

冨安健洋
ボローニャ
本田圭佑
長友佑都

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ