“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

黒川淳史はライバル加入も大歓迎。
ステップアップではなく水戸でJ1へ。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/07/27 08:00

黒川淳史はライバル加入も大歓迎。ステップアップではなく水戸でJ1へ。<Number Web> photograph by Takahito Ando

今季4ゴールをマークする水戸MF黒川淳史。同学年の小川航基らの加入は「焦り」よりも「期待」を抱いているようだ。

「停滞」を打ち破ってくれる存在。

「危機感よりも、3人の加入は僕にとってプラスになると思っているんです」

 正直、驚いた。

 前半戦はチームの好調を支える選手の1人として活躍できたが、ゴールから遠ざかっている間にクラブは自分と同年代の強烈なライバルを獲得。悔しさと危機感が募った背水の陣で挑んだ琉球戦でゴールを決めたものの、途中交代を告げられたライバルが大活躍をした。その姿を見て危機感と反骨心にさらに火がついたのではないか。筆者はその想いを聞こうと思っていた。

 しかし、その意外な言葉を発した瞬間の表情を見たとき、彼が抱く本音の主張が聞けると思い、さらに真意を問うた。

「この3人こそ、僕の『停滞』を打ち破ってくれる存在になると思ったんです。今季はシーズン初めからずっと試合に出場できて、ゴールを決めることができたけど、そこから変に安定をしてしまったというか、刺激が足りないままシーズンの半分を終えてしまった印象があるんです。

 そんな中、航基と隆貴くんが加わることになった。このニュースを聞いた時は、正直『あ、クラブは昇格に向けてさらに本気になったんだ』と思って嬉しかったんです。航基はJ1でも十分に活躍できるだけの力を持った選手だし、隆貴くんもJ1で経験が豊富な選手。レレウもですが、こういう質の高い選手が入ってくること自体、今までの水戸にはなかった。

 これは昇格に向けて、戦力を上げるための選手を連れてきたという本気度が分かったからこそ、こうした選手と共存することで、自分の引き出しも増えると思うし、大きな成長に繋がると思ったんです」

交代後は「応援していました」

 こうなると試合で抱いた印象も大きく変わってくる。彼は小川と交代を告げられた瞬間、何を考え、小川の活躍をどう見ていたのか。

「シゲさん(長谷部茂利監督)はこれからいろんな組み合わせでFWをやりくりしていくと思っています。どちらかと言うと、少しでも早く水戸のサッカーに航基、隆貴くん、レレウが馴染んでくれた方が、僕も彼らを生かしやすいし、彼らに生かしてもらえると思っているんです。

 なので、試合に出た方が水戸のスタイルを実感してもらえると思ったので、交代後は素直に2人(試合に出た小川と福満)を応援していました。いきなり目に見える結果を残したのは、『さすがだな』と思いました」

【次ページ】 いい選手になるための条件。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
水戸ホーリーホック
黒川淳史
小川航基
大宮アルディージャ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ