ビッグマッチ・インサイドBACK NUMBER

“自己主張しないFW”フィルミーノは、
セレソン、リバプールを勝たせる男。 

text by

寺沢薫

寺沢薫Kaoru Terasawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/07/09 08:00

“自己主張しないFW”フィルミーノは、セレソン、リバプールを勝たせる男。<Number Web> photograph by Getty Images

リバプールでのCL制覇に続き、コパ・アメリカでも優勝。フィルミーノはチームを勝たせるセンターフォワードだ。

怪物、天才肌ではなくとも主役に。

 ところが、ピッチで見せるプレーはそんなキャラクターとは一線を画し、むしろ渋い。寡黙な職人肌という言葉さえしっくりくるほど、いい意味で自己主張がなく、フォア・ザ・チームを体現する利他的なプレーヤーだ。

 ブラジルのストライカーといえば、ロマーリオやロナウドに代表されるように、独力でゴールをこじ開けてしまう「フェノーメノ(怪物)」がすぐに思い浮かぶ。

 エースという括りで見ても、ロナウジーニョやネイマールといった天才肌の選手こそセレソンの象徴だ。

 そんなチームにあってフィルミーノのような玄人好みのアタッカーが存在感を示し、主役の1人に躍り出るのもなかなか痛快でいい。

 こういう影のスターがいるから、サッカーは面白い。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ロベルト・フィルミーノ
リバプール
ユルゲン・クロップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ