Overseas ReportBACK NUMBER

サニブラウンの隣にいた「あの人」。
記録を支える兄貴的存在への信頼。

posted2019/07/02 11:50

 
サニブラウンの隣にいた「あの人」。記録を支える兄貴的存在への信頼。<Number Web> photograph by Tsutomu Kishimoto

サニブラウンと、アントワン“兄貴”。彼の成長には、フロリダ大の存在が大きく関わっている。

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph by

Tsutomu Kishimoto

「コーチに感謝しています」

 レースを終えたサニブラウン・アブデルハキームはそう語った。

 10秒02。

 大会記録を0秒03上回る好記録。9秒台は出なかったけれど、2年ぶりの日本選手権タイトル、そしてドーハ世界陸上の切符を手にいれた。

 メディア対応、表彰式を終え、今回の遠征に帯同したアントワン・ライト氏と対面。笑顔で喜びを分かち合った。

「あれ、いつもインタビューに出てくるコーチとは違うような……」

 今大会、サニブラウンが同行しているコーチを見て、そう思った人もいるのではないだろうか。

「アントワン」と呼ぶ兄貴的存在。

 今回、ヘッドコーチのホロウェイ氏から「サニブラウン、日本選手権優勝」の使命を受けて来日したのは、25歳のアントワン・ライト氏。

 彼の肩書きは『ボランティアコーチ』だ。

 フロリダ大学の陸上部でスプリンターだったアントワンは2017年に引退。その後、アルバイトをしながら大学の陸上部でコーチ修行と選手の指導を行っている。試合にもすべて同行し、サニブラウンにとって「信頼出来る兄貴」的な存在だ。

 ほかのコーチは「コーチ+苗字」で呼んでいるが、兄貴のことは親しみをこめて「アントワン」と呼んでいる。

 フロリダ大学陸上部には6人のフルタイムコーチがいて、ヘッドコーチのホロウェイ氏が男子スプリントを指導している。今大会も「できれば自分が帯同したかったけれど、ダイヤモンドリーグに出場するプロ選手もいるし、全米選手権もあるので、1週間以上空けるのは難しいから」と話し、秘蔵っ子のアントワンに大事な任務を託した。

【次ページ】 「勝つことが一番の目標で、達成できた」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

サニブラウン・アブデルハキーム
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ