“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

横浜FM山田康太「次は自分らしさを」
U-20W杯で得た勝利への執念と自覚。
 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/06/26 17:00

横浜FM山田康太「次は自分らしさを」U-20W杯で得た勝利への執念と自覚。<Number Web> photograph by Takahito Ando

天野純(左)とコミュニケーションを取る山田康太。彼の成長は、J1制覇を目指すチームにとって大きな力となるはずだ。

日の丸の重みを痛感した日韓戦。

「刺激的な4試合でした。特に(0-1で敗れた)韓国戦では、日の丸を背負って戦う重みを試合中に感じていました。でも、結果として敗れ、その韓国が準優勝。本当に悔しい思いをした。これから先、自分に何かあった時はあの悔しさを思い出して、上に行くためにすべき行動を取っていくつもりです。

 やっぱりこうしてガチンコの国際大会に出ることは、人を変えるというか、本当にサッカーに懸けていかないといけないと、プロサッカー選手としての自覚を強烈に植え付けられた。もっとやらなきゃいけない立場であるという自覚は、帰ってきてから凄く湧いてきています。また代表に入りたいとより強く思うようになりました」

 彼の中で勝利への執念、貪欲さ、そして結果を出し続けることの重要性をU-20W杯を通じて学んだからこそ、ようやく巡ってきたこのチャンスに懸ける思いは相当強かった。

「今年のチームは力がある」

 言葉の端々から感じる悔しさを必死で押し殺しながら、1つ1つ丁寧に答えてくれた山田康太。最後は前を向いて、こう語ってくれた。

「今、チームは優勝争いに絡めている中で、いいサッカーを表現できているし、こうして引く相手にも1-0できっちりと勝ちきっている。やっぱり今年のチームは力があると思っています。

 その中で自分の存在がしっかりとチームに貢献できるようになればいいと思っているし、そのためには日頃のトレーニングがすべてだと思っています。毎日『このチームで優勝するためにはどうするべきか』を考えながらやっていきたいです。今日はもっとやりたかったですが。次は自分らしさをもっと出したいと思います」

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横浜F・マリノス
山田康太
天野純
仲川輝人
喜田拓也
アンジェ・ポステコグルー

Jリーグの前後のコラム

ページトップ