海外サッカーPRESSBACK NUMBER

コパ初戦のチリはDFの速さが不足?
中島翔哉、久保建英なら攻略は可能。 

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/06/17 11:45

コパ初戦のチリはDFの速さが不足?中島翔哉、久保建英なら攻略は可能。<Number Web> photograph by Getty Images

サンチェス、ビダルというワールドクラスは脅威だ。ただそれとともにチリ最終ラインの面々は不安を残している。

最終ラインはスピード勝負に弱い?

 日本戦で先発が予想されるメンバーには30代の選手が6人もおり、平均年齢が30.5歳と極めて高い。

 すでにクラブと代表で実績を残したベテランが多く、彼らの経験はチームにとって大きな財産だ。ビダルとサンチェスには、違いを作り出す能力がある。

 その一方で、最終ラインはサイドバックのジャン・ボーセジュール(ウニベルシダ・デ・チレ)が35歳、センターバックのメデルが31歳で、スピードの衰えが著しい。長身DFマリパンも体が重く、俊敏さとテクニックを備えた選手の対応を苦手とする。

 日本代表の中島翔哉(アル・ドゥハイル)、久保建英(レアル・マドリー)らスピードと技術に絶対の自信を持つ若いアタッカーがチリ守備陣を攻略するのは十分に可能だ。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
中島翔哉
久保建英
アルトゥーロ・ビダル
アレクシス・サンチェス

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ