海外サッカーPRESSBACK NUMBER

コパ初戦のチリはDFの速さが不足?
中島翔哉、久保建英なら攻略は可能。

posted2019/06/17 11:45

 
コパ初戦のチリはDFの速さが不足?中島翔哉、久保建英なら攻略は可能。<Number Web> photograph by Getty Images

サンチェス、ビダルというワールドクラスは脅威だ。ただそれとともにチリ最終ラインの面々は不安を残している。

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph by

Getty Images

 国旗とユニフォームの色から、チリ代表チームのニックネームは「ラ・ロハ」(赤)。南米の例に漏れず、国民はサッカーをこよなく愛する。「ラ・ロハ」に熱情と大いなる誇りを抱き、試合の内容と結果に一喜一憂する。

 チリは南米選手権(コパ・アメリカ)開始時点のFIFAランキングは16位で、ブラジル(3位)とウルグアイ(8位)には及ばないが、アルゼンチン(11位)とコロンビア(13位)を僅差で追う強豪だ。

 南米選手権で採用するフォーメーションは、4-3-3。日本戦の5日前、レイナルド・ルエダ監督が早々と先発メンバーを発表した。

メデル、ビダル、アレクシスは健在。

 センターバックは、小柄だが1対1に強くカバーリングも巧みなベテランのガリー・メデル(ベシクタシュ)と、身長193cmで空中戦に抜群の強さを発揮するギジェルモ・マリパン(アラベス)が務める。

 中盤の守備の要は粘り強いマークが持ち味のチャルレス・アランギス(レバークーゼン)で、トップ下が「キング」の愛称で国民から崇められるアルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)。

 3トップが、右から小柄だが思い切りのいいシュートが魅力のホセ・ペドロ・フエンサリーダ(ウニベルシダ・カトリカ)、エースストライカーのアレクシス・サンチェス(マンチェスター・ユナイテッド)、勝負強いエドゥアルド・バルガス(ティグレス)という並びになる。

 このうち、すでに10年以上「ラ・ロハ」でプレーして数々の栄光をもたらしてきたメデル、ビダル、サンチェスは国民的英雄だ。

 小柄だが俊敏で豊富な運動量を誇る選手たちが、高い位置からボールホルダーにプレッシャーをかけてボールを奪い取る。あるいはパスコースを的確に予測してインターセプトを敢行する。

 そして、相手ボールを奪う前、すなわち味方選手の誰かがボールを奪えると判断した時点で、即座に攻撃へ移行。後方から選手が、まるで泉が地表から湧き出るように次から次へと上がってきて、果敢に相手ゴールに襲いかかる――というのが、近年の「ラ・ロハ」が理想とするスタイルだ。

【次ページ】 ビエルサが持ち込んだ超積極性。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中島翔哉
久保建英
アルトゥーロ・ビダル
アレクシス・サンチェス

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ