バスケットボールPRESSBACK NUMBER

田口成浩と比江島慎の「移籍1年目」。
難しい時期を乗り越え、開花の時へ。

posted2019/06/15 17:00

 
田口成浩と比江島慎の「移籍1年目」。難しい時期を乗り越え、開花の時へ。<Number Web> photograph by B.LEAGUE

田口成浩と比江島慎はともに来季チーム残留を発表した。田口は千葉に悲願のBリーグ制覇をもたらせるか。

text by

石川歩

石川歩Ayumi Ishikawa

PROFILE

photograph by

B.LEAGUE

 7シーズン在籍した秋田ノーザンハピネッツからタレント揃いの千葉ジェッツへ移籍した田口成浩と、6シーズン在籍したシーホース三河を離れ、海外挑戦を経て栃木ブレックスへ途中加入した比江島慎。

 2018-19シーズンに新天地での挑戦をスタートした2人は、入団当初はチームにアジャストできていない様子を見せながらも、チャンピオンシップ(CS)にぴたりと照準を合わせ、見事な活躍を披露した。

 決して平坦ではなかったCSまでの道のりを、2人はどう歩いてきたのか?

 そして移籍1年目のCSをどんな思いで戦ったのか?

 最後の試合の敗戦から数週間後、それぞれのシーズンを振り返ってもらった。

千葉移籍3試合目で味わった挫折。

 1万2972人の観客が見守った千葉ジェッツvs.アルバルク東京のBリーグファイナル2Qで、田口は3ポイント4本を含む14得点をあげた。立て続けに入る田口のシュートに会場は熱狂し、東京に傾いた流れを一気に千葉に引き戻した。

「CSの始まりから調子が良くて、決勝の朝はどんな試合になってもシュートを決められるという自信に溢れていました。移籍した当初はチームにアジャストできず苦労しました。だから、あの2Qは勝利には繋がらなかったけれど、やってきたことは間違っていないと自信になったし、めげずにやってきて良かったと思えました」

 田口は、千葉に移籍してすぐに挫折を味わっている。シーズンが始まって3試合目の三遠ネオフェニックス戦で、プロになってから守ってきた連続試合出場記録が途絶えたのだ。

「僕は、出場記録にこだわっています。あの日、怪我などの理由なく出場できなかったことが悔しくて、めちゃめちゃ泣きました。(富樫)勇樹が気付いてメシに誘ってくれて、自分が挫折した経験を話しはじめた。勇樹に、『僕だって悔しい思いをしてきたんだ。明日からまた頑張ればいい』と言われたんです」

 次の日の試合で田口は23分出場し、1Qにブザービーターを決める。73-56でチームは快勝し、田口は10得点をあげてMVPを獲った。

【次ページ】 ターニングポイントは大野HCの言葉。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

田口成浩
千葉ジェッツ
比江島慎
栃木ブレックス

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ