炎の一筆入魂BACK NUMBER

“武器がない”セットアッパー、
カープを支える一岡竜司の流儀。 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/06/11 07:00

“武器がない”セットアッパー、カープを支える一岡竜司の流儀。<Number Web> photograph by Kyodo News

4日西武戦で投ゴロを一塁にトスする一岡竜司。巨人から人的補償で加入し、セットアッパーとして充実の時を迎えている。

武器がないことが最大の武器。

 今季6月10日時点でリーグ3位の13ホールド。防御率1.57の安定感で、自己ベストを大きく上回るペースでホールドを記録している。

「武器がない」と公言する右腕は、思い出したように笑いながら言った。

「僕の武器はありませんけど、専門学校卒業が、武器です」

 慢心もなければ、過信もない。謙虚さ、怖さ、向上心、探究心……。

 成長に必要な要素を持ち続けられているからこそ、今の立場がある。「武器がない」と認められることが、一岡の最大の武器なのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
一岡竜司
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ