欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

プレミア連覇マンCに2つの懸念。
コンパニ退団とペップの完璧主義。

posted2019/06/08 17:00

 
プレミア連覇マンCに2つの懸念。コンパニ退団とペップの完璧主義。<Number Web> photograph by Getty Images

サネ(右)らシティ所属の面々の去就が騒がしくなっている。来季はCL王者リバプール相手に太刀打ちできるのか。

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 2018-19シーズンのプレミアリーグは、マンチェスター・シティとリバプールがハイレベルなマッチレースを演じた。

 史上最強にして最高の2位に終わったリバプールも、最終的にはチャンピオンズリーグを制している。ユルゲン・クロップ体制が実を結ぶまでおよそ4年を要したが、強いチームを創るにはそれなりの時間と辛抱が必要だ。上層部が監督を、監督が選手を信じ続けたリバプールは、近代フットボールの理想形といっていい。

 それにしても今シーズンのシティは凄まじかった。リバプールの勝点97は通常のシーズンならぶっちぎりの優勝だが、ジョゼップ・グアルディオラ監督のチームは堂々と力でねじ伏せたのだから。

 度重なる負傷でわずか19試合の出場に終わったケビン・デブライネ欠場の穴はベルナルド・シウバが完全に埋め、セルヒオ・アグエロは最終節まで得点王の可能性を残していた。ラヒーム・スターリングは精神的に成長し、GKエデルソンの守備は相変わらず規格外だった。

 チャンピオンズリーグでは準々決勝のトッテナム戦で悔しい思いをしたものの、シティの実力がトップランクであることに疑いの余地はない。

頭脳派リーダー、コンパニの退団。

 しかし、シーズン終了後に気になる動きがあった。バンサン・コンパニが退団し、アンデルレヒトのプレーイング・マネジャーに就任したのだ。

 彼はシティの幹部候補生で、いずれは監督、コーチとしてクラブに復帰すると伝えられている。経営学修士を取得するほど頭脳明晰であるため、経営面にタッチすることも期待されている。つねに前向きで後輩の面倒見もよく、グアルディオラも絶賛していた。

「コンパニはリーダーとして生まれてきたに違いない。言いにくいことでも、その選手を思って的確にアドバイスする。我々のロッカールームは彼がいればまとまるんだ」

 生まれながらのリーダーが消えたロッカールームは、誰がまとめるのだろうか。

【次ページ】 ペップの完璧主義も懸念材料。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

レロイ・サネ
マンチェスター・シティ
バンサン・コンパニ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ