欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

若き才能が集うオランダが蘇った!
イングランド撃破で欧州一に王手。

posted2019/06/08 11:30

 
若き才能が集うオランダが蘇った!イングランド撃破で欧州一に王手。<Number Web> photograph by Getty Images

ロシアW杯出場権を逃すなど低迷していたオランダだが、アヤックスのCLでの躍進が象徴するように有望株が続々と出てきた。

text by

井川洋一

井川洋一Yoichi Igawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 古都ギマラエスにイングランド・サポーターたちの歌声が響く。キックオフの数時間前から街を占拠したフットボール発祥地のファンは、会場のエスタディオ・D・アフォンソ・エンリケスのスタンドも7、8割がたを埋めた。

 UEFAネーションズリーグ準決勝2日目、オランダとイングランドの一戦は後者のホームのような雰囲気で始まった。オランダがボールを回すたびにイングランド・サポーターのブーイングが轟く。特にリバプールでチャンピオンズリーグを制したばかりのビルヒル・ファンダイクがボールを持つと、そのボリュームは増した。

 それでもオランダは自分たちのやり方を貫く──ファンダイク、マタイス・デリフトのCBと、フレンキー・デヨングとマルテン・デローンのボランチでパスを回し、相手のほころびを探す。そこから自由に動くセンターフォワードのメンフィス・デパイと、トップ下のジョルジニオ・ワイナルドゥムがボールを引き出し、両SBが幅を取る。

流れに反してイングランドが先制。

 対するイングランドは、ハイプレスでオランダのテンポを壊そうとする。相手の司令塔デヨングは、ファビアン・デルフら中盤の選手たちがケア。だがオレンジの21番は観る者にも予想のつかぬコースにパスを通し、ドリブルで持ち上がり、守備時にはスマートなチャレンジで相手からボールを奪う。

 アヤックスのチャンピオンズリーグ4強入りの原動力となり、来季からバルセロナでプレーすることが決まっている現在最高のセントラルMFの1人が生み出すリズムにより、序盤はオランダがやや優勢に試合を進めていった。

 だが最終局面をなかなか崩せずにいると、流れに反してイングランドが先制する。オランダの最終ラインでデリフトがトラップミスしたところに、マーカス・ラッシュフォードが猛然と駆け込むと、デリフトが足をかけてしまい、イングランドにPKが与えられる。これをラッシュフォードが自ら沈めて、大勢のサポーターを歓喜に導いた。

 勢いづくイングランドは、ロス・バークリー、ジェイドン・サンチョ、ラッシュフォードの見事な連係からボックス内でチャンスを掴みかけるが、デンゼル・ダンフリースの間一髪のブロックに遭ってシュートは打てなかった。

【次ページ】 デリフトがセットプレーで汚名返上。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ビルヒル・ファンダイク
マタイス・デリフト
マーカス・ラッシュフォード

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ