話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

マリノスのクリリンことマルコスは、
トップ下で気円斬のような切れ味。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2019/06/04 11:45

マリノスのクリリンことマルコスは、トップ下で気円斬のような切れ味。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

マルコス・ジュニオールがゴールを決めると、仲川輝人(左)らとともにドラゴンボールの必殺技を繰り出すのはお馴染みの光景だ。

「いいプレーをして優勝したい」

 ただし本人は「体力には自信がある」とも話している。またブラジルの北部は相当に蒸し暑く、フルミネンセの地元リオも夏の暑さが厳しいので日本の夏に慣れるのは意外と早いかもしれない。

 もっともマルコスは自分で仕掛けるところ、周囲を使うところのメリハリをつけてプレーできるタイプ。だからこそ、真夏はエネルギーの使いどころを考えてプレーするはず。天野が「攻撃では本当に頼りになる」と絶賛しているが、真夏になっても「クリリンの脅威」は変わらないだろう。

「今もこれからも一番大事なことはマリノスのためにいいプレーをすること、チームの力になれるようなプレーをすることです。ゴール、アシストどっちがいいか? うーん、どちらも好きですし、気持ちいいですが、いいプレーをすれば自然とアシストやゴールにつながってくると思う。いいプレーをして優勝したいですね」

 ブラジルからやってきた“クリリン”は、今や横浜F・マリノスで主役を演じている。これからも楽しいゴールパフォーマンスを考えていくという。この意欲があれば、しばらくはピッチ上で「ドラゴンボール劇場」がつづきそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3
マルコス・ジュニオール
横浜F・マリノス

Jリーグの前後の記事

ページトップ