プロ野球PRESSBACK NUMBER

令和最初の野球早慶戦は因縁の戦い。
主将同士は4年越し、監督は31年!

posted2019/05/31 17:30

 
令和最初の野球早慶戦は因縁の戦い。主将同士は4年越し、監督は31年!<Number Web> photograph by Daiki Tanaka

リーグ戦は明大が完全優勝を決めたが、早慶戦の熱さはまた別格だ。早大の加藤主将の話からもそれは強く感じる。

text by

田中大貴

田中大貴Daiki Tanaka

PROFILE

photograph by

Daiki Tanaka

「郡司は勝ってきて就任したキャプテン、僕は負けてきて就任したキャプテン。それは甲子園でも神宮でも同じです。チームとしても個人としても、最後に勝って終わりたい」

 早大野球部で主将を務める加藤雅樹が、春の早慶戦を前にこんな話をしてくれました。

 加藤の言う「郡司」とは、慶大の主将を務める郡司裕也。早実高の主将として2015年夏の甲子園に出場した加藤は、準決勝で郡司が捕手を務める仙台育英高に敗れます。

「僕が高校3年生で、(清宮)幸太郎が1年生。勢いはありました。優勝まであと2つ勝てばという準決勝、相手は仙台育英でした。僕は4番キャッチャー、郡司も4番キャッチャー。同じ打順、同じポジションです。でも、甲子園では完敗でした」

 淡々と話していた加藤が、その時だけは非常に悔しそうな表情で過去を吐露しました。

「あれから4年。東京六大学では、慶應に連覇を許しました。僕は外野手に転向して、郡司は今でも捕手としてプレーしています。勝ってきたのは郡司、負けてきたのは僕。この早慶戦で、最後の1年となる東京六大学で、勝って終われる最後のチャンスなんです」

加藤と郡司は高校からずっと宿敵。

 一方、郡司も加藤には特別な思いがありました。

「加藤とは高校時代からずっと対戦してきたというか、対戦しなければいけない状況が続いている気がします。いつかはプロの世界へ、という思いも2人とも同じだと思います。甲子園では早実には勝ちました。

 ただ、大学で連覇はしましたが、加藤のいる早稲田にはずっと負けているイメージしかありません。そして、この春のリーグ戦、絶好調の加藤を抑えなければ勝てないと考えています」

 4年前の8月19日、超満員の夏の甲子園準決勝から続く2人のドラマは今年、神宮球場での春の早慶戦で、新たな展開を迎えることでしょう。

【次ページ】 大久保、小宮山両監督の学生時代。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

早稲田大学
慶應義塾大学
小宮山悟
加藤雅樹
郡司裕也
大久保秀昭

プロ野球の前後のコラム

ページトップ