セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

主将が、闘将が、見たCLの悪夢。
ミランが打ち砕かれたトルコの夜。

posted2019/05/29 17:30

 
主将が、闘将が、見たCLの悪夢。ミランが打ち砕かれたトルコの夜。<Number Web> photograph by LFC Foundation/Liverpool FC via Getty Images

アンフィールドで行われたチャリティマッチ「リバプール・レジェンズvs.ミラン・グローリエ」のワンシーン。伝説のメンバーたちが再会を果たした。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

LFC Foundation/Liverpool FC via Getty Images

 忘れたくても忘れられない。どう考えても理屈に合わない。

 2005年5月25日、リバプールとACミランが激突した'04-05年シーズンのチャンピオンズリーグ決勝戦は、大会史上最もドラマチックなゲームのひとつとして知られている。

 イスタンブールのアタテュルク・スタジアムで行われた試合は、前半で3点をリードしたミランにリバプールが後半で追いつき、延長戦とPK戦の末に勝つ、という歴史的大逆転劇だった。

 奇跡は敗者にとっての悪夢だ。

 当時の指揮官アンチェロッティは「理解不能。まるでSFの世界の出来事だった」と断じた。試合のビデオは絶対に見ない、とも誓った。

 だが、悪夢から1年が過ぎようとする頃、アンチェロッティは考えを改め、勇気を振り絞ってようやくビデオデッキの再生ボタンを押した。あの不可解なファイナルを冷静に振り返らねばならない。

 あの夜、リバプールが見せた神がかり的な強さとは何だったのか。

前半3-0でお祭り騒ぎのロッカールーム。

 世界的トッププレーヤーをズラリと揃えた当時のミランは、アンチェロッティの下で黄金期を迎えていた。決勝のメンバー表を見れば今でも身震いせずにはいられない。

 特に国際舞台での強さは抜きん出ていた。その2年前にもユベントスを下してCLを制していた彼らは、リバプールとの決勝でも通算7度目の欧州制覇へ王手をかけた。

 ただの大量リードではなかった。

 開始1分で主将マルディーニがボレーシュートで奪った先制弾は、あらゆる楽観的予想を超えた景気づけの1発だった。その後、勢いづいたミランはほぼ一方的に攻め立て、FWクレスポが2つの追加点を奪った。FWシェフチェンコとMFカカーとのコンビプレーは流れるように鮮やかだった。

 前半終了の笛が鳴った時点で、地上最強チームの称号は確かにミランのものだった。
ここからひっくり返されるはずがない。

 ハーフタイムの間、ミランのロッカールームではお祭り騒ぎが始まった。

「優勝は決まったも同然だったから」

 DFカフーは10年以上が過ぎた後、愚かな馬鹿騒ぎを認めた。

 ミランのロッカールームの騒ぎ声は、リバプール側にも届いていた。

【次ページ】 「あの6分間で負けた」

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

リバプール
ACミラン
カルロ・アンチェロッティ
パオロ・マルディーニ
ジェンナーロ・ガットゥーゾ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ